ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

ホームページの更新を制作会社にお願いして、対応が遅いと感じることはありませんか?

もくじ

ホームページ制作会社の対応が遅い6つの理由

1. ホームページの新規制作やリニューアルが優先される

ホームページ制作会社は通常、同時に多くのクライアントのプロジェクトを抱えています。

メインの収益源となるのはホームページの新規制作やリニューアルなどです。必然的にそちらにスタッフの工数が割かれ、ちょっとした文言の修正や画像差し替えであっても後回しにされてしまいます。

2. 制作会社の規模が大きいと、内部プロセスと承認に時間がかかる

中堅規模以上のホームページ制作会社であれば、複数の担当者がかかわります。

基本的な窓口はディレクターになりますが、ディレクター自身が複数の案件を抱えていて、細かな対応に時間が割けない場合があります。

また、ディレクターからデザイナー、コーダーに指示を出して修正を行っても、その確認作業など必要です。

ちょっとした文字修正であっても、大手の制作会社ほど3営業日~1週間ほどかかる傾向があります。

3. 小規模なホームページ制作会社はスタッフ不足の問題がある

数名規模の小規模な制作会社、またはフリーランスなど個人の方の場合は、キャパシティの問題があります。

担当が動けない場合、他のスタッフに代わってもらうなどの対応が難しいため、対応が後手に回ります。

4. 技術的な複雑さ

見た目には単純な修正や画像の差し替えでも、ウェブサイトの構造や使用されている技術によっては、予想以上に複雑な作業が必要になることがあります。

これにより、作業に時間がかかることがあります。

5. 他の緊急案件

緊急を要するプロジェクトやトラブルシューティングが発生すると、それらが優先されることがあります。これにより、通常のメンテナンス作業が遅れることがあります。

6. コミュニケーションの遅れ

クライアントとのコミュニケーションに時間がかかることも、対応が遅れる一因です。特に、要望の詳細が不明確であったり、追加の情報が必要であったりする場合、作業が進まないことがあります。

基本的にホームページ制作会社は営業日単位で稼働します。また、仕事の時短化や、極力残業をさせない風潮も対応に時間がかかる原因の一つに挙げられます。


これらの理由を理解することで、クライアントはホームページ制作会社とのより良いコミュニケーションと効率的な作業進行を図ることができます。

また、制作会社側も、クライアントの期待に応えるために、これらの問題点を改善することが求められます。ホームページのメンテナンスは、双方の協力と理解によってスムーズに行われるべきです。

ホームページの更新作業が遅いというお客様の感想

ホームページ制作会社を乗り換える理由で、「今の会社の対応が遅いから」というご不満もかなり多くお聞きしています。

  • 制作に何百万円もかけてホームページを作ったが、ちょっとした更新対応が遅い
  • 2、3文字変えるのに1週間以上かかる
  • 「更新したいタイミングの1週間前までに依頼してほしい」と言われた
  • 知り合い(フリーランス)にホームページを作ってもらったが、なかなか修正対応に応じてもらえない
  • 差し替えたい内容があるのに連絡が取れない、返事が遅い
  • ホームページの表示崩れ、サイトのトラブルなどにも対応が1週間以上かかり、業務に支障がある

ホームページの更新作業、ウィズスタイルなら即日か翌日には対応完了

ウィズスタイルでは、ホームページの公開後も、運用・保守のサービスをサブスクで行っています。当社では平均的にそういった更新作業のほとんどをご依頼の当日、遅くても翌日には対応を完了させることがほとんどです。

「30分程度で対応できる内容は持ち越さない、ご依頼いただいたのその場で対応する」という考え方のもと、早ければホームページ更新のご依頼のメールをいただいてから10分後には「更新作業完了しました」という返信メールをお送りしています。

そのため、他社から乗り換えいただいたお客様は、対応に驚かれます。

逆に弊社から他社に乗り換えても、他社の更新対応の遅さに不満を持って、再びウィズスタイルのサブスクのサービスをご契約いただくケースもあります。

ウィズスタイルのホームページ更新作業が早い理由

  • ホームページの制作者が引き続き更新の対応も行うので、ご依頼内容の把握からページの更新箇所の理解が早く、あっという間に完了します
  • ホームページはノーコードで制作しているため、制作はもちろん更新などのメンテナンスもしやすい
  • フレックスなシフトやフリーランスのプロフェッショナルの複数メンバーで対応しているので、営業日、営業時間の縛りがなく、深夜帯や休日でも対応可能
  • ホームページ制作案件が立て込んでもフリーランスのプロフェッショナルを増やし、キャパシティを増やすことができる

制作会社の乗り換えを検討しているならウィズスタイルのサブスクをご検討ください

ホームページは作る時よりも、その後の運用が大切です。

タイミングよくお客様に対して情報発信をしていくためには、ホームページ公開後の更新作業でも御担当者様と連係して素早く対応できるウィズスタイルのサブスクをご検討ください。

お問い合わせフォームLINEでもお問い合わせを受け付けております。

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページの更新を自分でやるならカスタムフィールドの活用がおすすめ

ホームページを更新・運用してビジネスに活用できている企業とできていない企業の大きな違い

「ホームページの更新ってどんな情報をアップすればよいの?」にお答えします。

企業ホームページの更新は大切!更新ができていないと機会損失してしまう・・・