ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

「ホームページの更新ってどんな情報をアップすればよいの?」にお答えします。

もくじ

ホームページを運営する際、定期的な更新は成功への鍵です。

しかし、具体的にどんな情報を更新すればよいのでしょうか?

今回は、ホームページ初心者の方に向けて、更新の意義や具体的な更新内容、方法についてご紹介します。

1. 更新の有無がホームページの成果を左右する!?

現代のビジネスにおいて、ホームページの開設は当たり前と言えるでしょう。

総務省の調査によれば、89.6%の企業が自社ホームページを開設しています。

しかし、開設以来まったく更新されていないホームページも見かけます。

ホームページの開設はスタートラインであり、ビジネスに役立てていくためには継続的な更新が不可欠です。

2. なぜホームページの更新が大切なの?

ホームページをビジネスに活用するためには、更新が必要です。その理由を見てみましょう。

– ユーザーに安心感を与える

ホームページを訪れたユーザーに安心感を与えるためにも、定期的な更新が必要です。

ほとんど更新されていないホームページは「この会社、本当に実在するのかな?」と不信感を抱かせてしまう可能性があります。

一方で、定期的に更新されているホームページは運営がしっかりしている印象を与え、ユーザーは安心してサイトを利用します。

– リピーター獲得につながる

ホームページをこまめに更新することは、リピーターの獲得にもつながります。

ユーザーが再訪問してくれたとき、新たな情報を楽しみにしてくれる可能性が高まります。

– 検索エンジンにクロールされやすくなる

更新頻度の高いホームページは検索エンジンにクロールされやすい傾向があります。

検索エンジンでの表示にはクローラーが必要であり、更新情報を速やかに検索結果に反映させるためにも継続的な更新が重要です。

– コンテンツが資産として蓄積される

ホームページの更新は資産価値を高めます。

一度公開したコンテンツは半永久的に閲覧可能であり、集客・販促に役立つ資産として蓄積されます。

3. ホームページで更新するべき内容やポイントは?

以下のポイントを参考に、ホームページで更新すべき内容を考えてみましょう。

最新情報・ニュースのお知らせ

ホームページのトップページやお知らせページに、最新の情報や期間限定のキャンペーン、新製品・サービスの提供開始などを掲載しましょう。

これにより、訪問者にタイムリーな情報を提供できます。また、臨時休業や営業時間の変更なども逐一更新することで、信頼性を高めます。

: 新商品の発売情報、キャンペーン情報、料金改定の情報、営業時間変更の情報・・・

コーポレートブログやショップブログ

ブログ形式のコンテンツは、会社や店舗の雰囲気を伝えるのに適しています。雰囲気を伝えることはお客様に対してのアピールになるとともに、採用活動にも良い影響をもたらします。

日々の業務で起きた出来事や話題となったトピックについて、ブログ記事として情報発信しましょう。

業種に関連するテーマであれば、専門性や知見をアピールすることができ、プロフェッショナルな印象を与えます。

: 「スタッフ紹介」ブログで、社員の日常や仕事への情熱を共有します。

お役立ち系コンテンツ

「お役立ち系コンテンツ(ハウツーコンテンツ)」は、潜在顧客の不安や疑問を解消する情報を提供するものです。

商品やサービスの活用シーン、使い方に関する情報などを発信することで、コンバージョンを後押しできます。

: 「お手入れのコツ」ページで、商品の正しい使い方やメンテナンス方法を紹介します。

更新方法

ホームページを自分で更新したい場合は、CMS(Content Management System)を利用することをおすすめします。

CMSは専門的な知識がなくても簡単にホームページの更新・管理を行えるツールです。代表的なCMSとして「WordPress」があります。また、ホームページ制作会社に依頼する場合は、更新代行サービスを利用することも一つの方法です。

ウィズスタイルのホームページ制作はサブスクです。制作・公開した後、更新作業の代行も可能です。制作時、制作後も協力してホームページを育てていくことができます。

ホームページの更新は、ユーザーに価値ある情報を提供し、信頼性を高めるために欠かせない作業です。ぜひ定期的な更新を心がけて、ホームページを活用しましょう!

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページの更新を自分でやるならカスタムフィールドの活用がおすすめ

ホームページを更新・運用してビジネスに活用できている企業とできていない企業の大きな違い

ホームページの更新を制作会社にお願いして、対応が遅いと感じることはありませんか?

企業ホームページの更新は大切!更新ができていないと機会損失してしまう・・・