ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

サブスク型ホームページ制作の料金相場と見積もりのポイント

もくじ

ホームページリニューアルを検討している企業の担当者の方へ。

サブスクリプション(サブスク)型のホームページ制作サービスをご存知でしょうか?

初期費用を抑えてホームページを作成・運用できるサービスですが、料金相場や見積もりのポイントはどうなっているのでしょうか?

この記事では、サブスク型ホームページ制作のメリット・デメリットや料金相場、見積もりのポイントを解説します。

ぜひ、ホームページリニューアルの参考にしてください。

サブスク型ホームページ制作とは?

サブスク型ホームページ制作とは、ホームページの制作費用を一括で支払うのではなく、月額や年額で定期的に支払うサービスです。

このサービスのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 初期費用が安く、予算の範囲内でホームページを制作できる。
  • ホームページの保守・運用を専門のスタッフに任せられるので、時間や手間がかからない。
  • ホームページのデザインや機能を定期的に更新できるので、最新のトレンドやユーザーのニーズに合わせられる。
  • ホームページのパフォーマンスや効果を分析し、改善の提案や実施ができる。

サブスク型ホームページ制作の料金相場

サブスク型ホームページ制作の料金相場は、サービスの内容や規模によって異なりますが、一般的には以下のようなものです。

  • 初期費用:10万円~50万円
  • 月額費用:2万円~10万円
  • 年額費用:24万円~120万円
一般の相場ウィズスタイルのサブスク
初期費用100,000円~500,000円0円
(プランの規定ページ数を超える場合はオプションで追加料金がかかる)
月額費用20,000円~100,000円5,000円~15,000円
年額費用240,000円~1,200,000円60,000円~180,000円

サブスク型ホームページ制作の料金相場は、一括支払い型のホームページ制作と比べると、初期費用は安く、月額費用は高くなります。

しかし、月額費用にはホームページの保守・運用や更新などが含まれるので、総額で見ると一括支払い型よりもお得になる場合があります。

ウィズスタイルのサブスクは一般の相場よりも価格が抑えられており、総額で比較してもかなりリーズナブルです。

サブスク型ホームページ制作の見積もりのポイント

サブスク型ホームページ制作の見積もりのポイントは、以下のようなものがあります。

サービスの内容や期間を明確にする

どのようなホームページを制作するのか、どのくらいの期間で契約するのか、どのような保守・運用を行うのか、などを具体的に確認する。

サービスの品質や実績を確認する

制作したホームページのデザインや機能はもちろん、ホームページのパフォーマンスや効果を測定し、改善しているか、などをチェックする。

サービスの価格や支払い方法を比較する

初期費用や月額費用だけでなく、追加費用や解約費用なども含めて、総額や支払い方法を比較する。

サブスク型ホームページ制作のデメリットと注意点

サブスク型ホームページ制作のデメリットとしては、以下のようなものがあります。

契約期間が長い場合、総額が高くなる可能性がある

一括で支払う場合と比べて、月額や年額で支払う場合は、契約期間が長くなるほど、総額が高くなる可能性があります。

契約期間や解約条件をよく確認しましょう。

ただ、ホームページは3~5年くらいでリニューアルされることが多いです。

デザインのブラッシュアップや内容の改善など、変化の激しいビジネスに合わせて一気に大きくリニューアルすることも大切です。

そう考えると、リニューアルの制作費用もサブスクリプションでまかなえてしまえば、総額は圧倒的に安くなります。

サービスの提供者に依存することになる

ホームページの制作や保守・運用をサービスの提供者に任せることになるので、サービスの品質や対応に不満がある場合、変更や解約が難しい場合があります。

サービスの提供者の信頼性や評判をよく調べましょう。

ホームページのカスタマイズに制限がある場合がある

サービスの提供者が用意したテンプレートや機能を利用する場合、ホームページのカスタマイズに制限がある場合があります。

自由度の高いホームページを作りたい場合は、サービスの提供者と相談しましょう。

ウィズスタイルのサブスクではテンプレートを使用せず、1社1社オリジナルのデザインで制作するので自由度が高いものが出来上がります。

契約終了後はホームページを公開できない場合がある

サブスク型ホームページ制作では、契約を終了した後はホームページを公開できない場合が多いです。

ホームページのデータを引き継いだり、他社に乗り換えたりすることもできない場合があります。

契約前にサービスの規約をよく確認しましょう。

ウィズスタイルのサブスは解約後もお客様のサーバに移管すれば、そのまま継続してご利用いただけます。

ご安心ください。

サブスク型ホームページ制作は、メリットもデメリットもあります。

ホームページリニューアルを検討している企業にとって、最適なサービスを選ぶためには、自社のニーズや予算に合わせて、サービスの内容や料金、品質や実績などを比較検討することが大切です。

サブスク型ホームページ制作の料金相場と見積もりのポイントを参考にして、ホームページリニューアルのプランを立ててみてください。

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

スモールビジネスでホームページとSNSを連携させて集客を成功させる方法

スモールビジネス企業のホームページ制作は、サブスク一択!その理由

ホームページ制作をリースで契約することのデメリット