ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのか?

もくじ

ホームページのリニューアルを考えている会社の担当者の方へ、この記事では、サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのかという疑問にお答えします。

サブスク型ホームページ制作とは、月額定額の料金でホームページを作成・運用するサービスのことです。初期費用や制作費を抑えられることや、公開後のサポートが充実していることがメリットです。

しかし、サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのでしょうか?

SEO対策とは、検索エンジンで上位に表示されるようにホームページを最適化することです。

SEO対策をすることで、集客力やブランディング力を高めることができます。

サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのかという答えは、できるということです。

ただし、できるといっても、サービスによって対応範囲や方法が異なります。また、サブスク型ホームページ制作には、SEO対策において注意すべき点もあります。

そこで、サブスク型ホームページ制作でSEO対策をする際に、以下の3つのポイントを押さえておくことをおすすめします。

  1. サービスの内容やオプションを確認する
  2. キーワードやタグの設定を適切に行う
  3. コンテンツの更新や改善を継続する

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1. サービスの内容やオプションを確認する

サブスク型ホームページ制作のサービスには、様々な種類があります。月額料金に含まれる基本的なSEO対策として、以下のようなことを行っています。

  • 独自ドメインの取得
  • SSLの導入
  • スマホ対応のレスポンシブデザイン
  • ターゲットキーワードに応じたページタイトルやメタディスクリプションの設定
  • 見出しタグや内部リンクの最適化
  • アクセス解析ツールの設置
  • サイトマップの作成
  • 外部リンクの獲得
  • ページスピードの改善
  • 画像の最適化
  • ユーザビリティの向上

これらのSEO対策は、ホームページの基本的な品質を高めるために必要なものです。しかし、これだけでは十分なSEO対策とは言えません。より効果的なSEO対策をするためには、以下のようなことが必要です。

これらのSEO対策は、サブスク型ホームページ制作のサービスによっては、オプションや別途料金で対応している場合があります。例えば、株式会社ウィズスタイルでは、運用時におけるSEO対策、集客コンサルティングやWEB広告運用MEO対策などのオプションサービスを提供しています。

したがって、サブスク型ホームページ制作でSEO対策をする際には、サービスの内容やオプションを確認し、自社のニーズや予算に合わせて選択することが重要です。

2. キーワードやタグの設定を適切に行う

サブスク型ホームページ制作のサービスでは、基本的にキーワードやタグの設定はプロに任せることができます。

しかし、それだけではなく、自分でもキーワードやタグの設定を適切に行うことがSEO対策において重要です。

制作時に設定するものですが、運用が始まってからコンテンツの一部を変更したり内容によってキーワードやタグも変えていくことが必要です。

キーワードとは、検索エンジンで検索される単語やフレーズのことです。

キーワードは、自社のサービスや商品に関連するものを選び、ページタイトルやメタディスクリプション、見出しタグや本文などに組み込むことで、検索エンジンに対して自社のサイトが価値のあるコンテンツであることを伝えることができます。

キーワードの設定をする際には、以下のことに注意しましょう。

  • キーワードは、自社のターゲット層が検索するであろうものを選ぶ
  • キーワードは、競合他社との差別化を図るものを選ぶ
  • キーワードは、長すぎず短すぎず、適度な長さにする
  • キーワードは、ページごとに1つに絞る
  • キーワードは、ページタイトルやメタディスクリプション、見出しタグなどに自然に組み込む

タグとは、HTMLのコードの一部で、検索エンジンに対してページの構造や内容を伝えるものです。

タグには、ページタイトルやメタディスクリプション、見出しタグなどがあります。

タグの設定をする際には、以下のことに注意しましょう。

  • ページタイトルは、ページの内容を端的に表し、キーワードを含める
  • メタディスクリプションは、ページの要約を書き、キーワードとユーザーに対する訴求ポイントを含める
  • 見出しタグは、ページの文章構造を明確にし、キーワードを含める
  • 見出しタグは、h1からh6までの階層構造に従って使い分ける
  • タグには、不要なスペースや記号を入れない
  • タグには、重複や誤字を避ける

3. コンテンツの更新や改善を継続する

サブスク型ホームページ制作のサービスでは、コンテンツの更新や改善など、変えたい内容は素材、原稿を制作会社に提供すれば行うことができます。

コンテンツとは、ホームページに掲載される文章や画像、動画などのことです。

コンテンツの更新や改善は、SEO対策において最も重要なことです。

コンテンツの更新や改善をすることで、以下のような効果が期待できます。

  • 検索エンジンに対して、自社のサイトが常に新鮮で価値のあるコンテンツであることを示す
  • ユーザーに対して、自社のサービスや商品の魅力や信頼性を伝える
  • ユーザーのニーズや関心に応える
  • ユーザーの滞在時間やリピート率を高める
  • ユーザーの口コミやSNSでの拡散を促す

コンテンツの更新や改善をする際には、以下のことに注意しましょう。

  • コンテンツは、自社のサービスや商品に関連するものにする
  • コンテンツは、ユーザーにとって有益で興味深いものにする
  • コンテンツは、キーワードやタグを適切に設定する
  • コンテンツは、文章や画像、動画などのバランスを考える
  • コンテンツは、定期的に更新や改善を行う

より積極的に検索順位を上げていくためにはコンテンツSEOを行う

コンテンツSEOについても触れてみましょう。

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツを継続的に発信して、自然検索から集客の増加を目指すSEOの手法のことです。

コンテンツSEOには以下のようなメリットがあります。

  • 潜在的なニーズを持った見込み顧客にアプローチすることができる
  • 安定的に長期的に集客を行うことができる
  • サイトが資産になっていく
  • 拡散性が高い
  • ブランディングになる
  • 商談やプレゼンの場面でも活用可能

コンテンツSEOを行うには、以下のような手順が必要です。

  1. サイトの目的やターゲット層を明確にする
  2. キーワードや共起語の選定を行う
  3. コンテンツの企画や作成を行う
  4. コンテンツの公開や効果測定を行う
  5. コンテンツの更新や改善を行う

コンテンツSEOは、コンテンツマーケティングの一部としても考えられます。

コンテンツマーケティングとは、顧客に対して価値のある情報(コンテンツ)を提供し、関係性を構築していくことで、最終的に顧客をファンとして定着させるマーケティング手法です。

コンテンツSEOは、検索エンジンからの集客を通じて、コンテンツマーケティングの効果を高めることができます。

コンテンツSEOは、検索エンジンのアルゴリズムやユーザーの動向に合わせて、常にコンテンツの質を高めていくことが必要です。

コンテンツSEOに取り組むことで、Webサイトの集客力やブランディング力を高めることができます。

まとめ

以上、サブスク型ホームページ制作でSEO対策をする際に押さえておくべきポイントをご紹介しました。

サブスク型ホームページ制作は、初期費用や制作費を抑えられるだけでなく、SEO対策もできるというメリットがあります。

しかし、SEO対策は一度やれば終わりというものではありません。

そのためにもサブスクリプションという契約形態でホームページを運営しながら、常に検索エンジンやユーザーの動向に合わせて、ホームページを改善していくことが必要です。

サブスク型ホームページ制作でSEO対策をするには、サービスの内容やオプションを確認し、キーワードやタグの設定を適切に行い、コンテンツの更新や改善を継続することが重要です。

これらのポイントを参考にして、ぜひサブスク型ホームページ制作でSEO対策に取り組んでみてください。

ホームページ制作・運用・保守などご相談お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

スモールビジネスでホームページとSNSを連携させて集客を成功させる方法

スモールビジネス企業のホームページ制作は、サブスク一択!その理由

ホームページ制作をリースで契約することのデメリット