ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

ホームページ保守サービスを利用されなかった会社様の実際に合った事例 – 社内担当の離職でレンタルサーバの更新連絡に気づかず、ホームページ消失-

もくじ

3年ほど前にある会社のコーポレートサイトの制作を請け負いました。

担当者様と何度かお打合せを行い、順調に制作は進み、納品・公開させていただきました。

その後、年1回くらいのペースでページの編集や、サイトの不具合などでご連絡をいただいたことがあります。

サイトが表示されない!、メールも使えないとの連絡

1か月ほど前の話です。

以前のご担当者様とは別の方から「ホームページが表示されない、メールも使えない」お電話がありました。

何が起きたのだろう?と焦りましたが、URLをたたくと確かにホームページは表示されません。こちらの会社様は、当時の担当者様とやり取りさせていただき、契約のサポートはさせていただいたものの、レンタルサーバは自社で管理することになっていたことを思い出しました。

そのことをお伝えすると、当時の担当者様は既に退職されているとのこと。

通常、レンタルサーバの更新のタイミングが来れば、メールで通知が来ます。それが担当者の退職によって、連絡メールに気づかず更新期限を過ぎてしまったということがわかりました。

社内で担当者をつけることは大切ですが・・・

ホームページの管理・運用に担当をつけることは大切です。兼務であっても担当はつけておいたほうがよいです。

ただし、職務が変わる場合は退職される際にはきっちりと引継ぎをしなければなりません。

サーバの契約が切れてしまうということはまれなケースですが、例えば、ホームページの管理画面のパスワードが引き継がれておらず、アクセスできない、ホームページの情報の変更ができない・・・、といったことはよく聞きます。

運用・保守サービスを外注するメリット

ホームページの運用・保守を外注するには多少の月額費用は掛かりますが、更新作業の代行が含まれていたり、不具合等がおきたら対応させていただきます。

社内の担当者が変わった場合でも、管理画面へのアクセス権や、更新方法など再度新任担当にご説明することも可能です。

ドメイン・サーバまで管理を依頼している場合は、担当の退職によって更新し忘れといったことがなくなります。

また、ちょっとしたホームページ活用の相談がしやすかったりするので、リスクを減らすためにもホームページの運用・保守サービスをつけることをお勧めしています。

株式会社ウィズスタイルのホームページ運用・保守サービス

その他のコラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのか?

ホームページ制作で公開後にまずやるべきこと

ホームページ制作は完璧を目指さない。公開後に見直ししていくつもりで作る。

自分で更新できるホームページが結局うまくいかないその理由