ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

コラム:

ホームページ制作などに使える画像素材サイト5選!

もくじ

ホームページ制作で、デザインに使用する写真の存在は、そのサイトに対する印象を大きく左右します。

理想はカメラマンに写真撮影してもらえるとよいですが、予算面なので難しいこともあります。そんな時に役に立つのがフリー素材のサイトです。

ここでは無料で素材が使用できたり、料金を払えば使用できるものも含め「ホームページ制作などに使える画像素材サイト5選!」というテーマで5つのサイトを紹介します。

Unsplash

  • URL: https://unsplash.com
  • 特徴: Unsplashは、世界中の写真家から集められた高品質な写真を無料で提供しています。商用利用も可能で、クレジット表記は任意です。検索機能も充実しており、必要な画像を簡単に見つけることができます。

Pexels

  • URL: https://www.pexels.com
  • 特徴: Pexelsは、写真だけでなく動画素材も提供しているサイトです。全ての素材は無料で、商用利用も可能です。また、Pexelsの素材はタグ付けされているため、目的の素材を探しやすいです。

Pixabay

  • URL: https://pixabay.com
  • 特徴: Pixabayは、1.9百万以上の高品質な写真、ベクターグラフィックス、イラスト、動画を提供しています。全ての素材はクリエイティブ・コモンズCC0のライセンス下にあり、商用利用も可能です。

Freepik

  • URL: https://www.freepik.com
  • 特徴: Freepikは、写真だけでなくベクターグラフィックスやPSDファイルも提供しています。一部有料の素材もありますが、無料素材も豊富に揃っています。特に、アイコンやインフォグラフィックの素材が充実しています。

Flickr

  • URL: https://www.flickr.com
  • 特徴: Flickrは、写真共有サイトとして知られていますが、クリエイティブ・コモンズライセンスの下で提供されている写真も多数あります。ただし、ライセンスの種類によっては使用制限があるため、使用前に確認が必要です。

これらのサイトを活用して、ホームページ制作に役立つ素材を見つけてください。

ただし、各サイトの利用規約やライセンスを確認した上で、適切に利用してください。

また、ウィズスタイルでホームページの制作をご依頼の場合は、当社が契約する素材サイトからデザイナーがサイトのテーマにあった写真、イラスト素材を選んでデザインいたします。

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページの更新を自分でやるならカスタムフィールドの活用がおすすめ

ホームページを更新・運用してビジネスに活用できている企業とできていない企業の大きな違い

「ホームページの更新ってどんな情報をアップすればよいの?」にお答えします。