ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

自分で更新できるホームページが結局うまくいかないその理由

もくじ

自分で更新できるホームページを運用することは、多くのビジネスにとって魅力的なアイデアです。しかし、実際に手を動かしてみると、予想外の難しさに直面することがあります。

この記事では、自分で更新できるホームページが上手くいかない理由と、その解決策について詳しく見ていきましょう。

自分で更新できるホームページとは

自分で更新できるホームページは、WIXやJimdoなどのサービスを使用して制作するか、ホームページ制作会社によって作成された後、公開後に管理画面から自分でコンテンツを更新できるものです。

このためのツールとして、コンテンツ管理システム(CMS)が利用されます。

CMSを使うことで、プログラミングやテクニカルスキルがない人でも簡単にウェブサイトのコンテンツを更新できるようになります。・・・と言われていますが実態は・・・・

自分で更新してみようとすると意外に難しい

一般的に、CMSを使って自分でホームページを更新することは魅力的ですが、実際にやってみると意外に難しいことがあります。

特に、次の点が課題となることがあります。

  1. HTMLとCSSの知識の必要性: WordPressなどのCMSはHTMLやCSSの知識がなくても更新できると言われていますが、ページのレイアウトやデザインを崩さずに更新するには少なからずHTMLやCSSの知識が必要です。
  2. デザインの知識が必要: 自由な編集が可能なため、デザインの知識が不足するとフォントや色の組み合わせがバラバラになり、全体のデザインが崩れてしまうことがあります。

ホームページを自分で更新できるように制作してもらうためには、その範囲を明確にすること

ホームページを自分で更新するためには、制作会社に対して明確な範囲を示すことが重要です。以下はその方法です。

  1. 具体的な更新箇所の限定: ブログ投稿、制作実績追加、商品ページの追加など、具体的な更新箇所を限定しましょう。
  2. 投稿、カスタム投稿、カスタムフィールドの活用: WordPressなどのCMSでは、投稿やカスタム投稿、カスタムフィールドを活用することで、異なるタイプのコンテンツを管理しやすくなります。

運用コストをかけたくないから自分で更新したいという考えは間違い

ホームページの更新作業を制作会社に依頼すると費用がかかるため、自分で更新したいという考えは理解できます。しかし、自分で更新することには失敗リスクも伴います。

表示崩れやエラーが起きる可能性があります。

そのため、保守サービスを利用してリスクを軽減することが大切です。

月額数千円~1万円程度でのサポートが安心感を提供

ホームページの運用を積極的に行いたい場合、制作会社の運用保守を利用するケースが多いです。

自分で更新できる範囲とできない範囲を理解し、適切な役割分担を行うことが成功のカギです。自分で簡単にできる部分は自社スタッフで、複雑な編集はプロに任せることで、

ホームページの運用を効果的に行うことができます。月額数千円から1万円程度のサポート料金は、適切な運用の安心感を提供してくれます。

まとめ

自分で更新できるホームページを運用する際には、HTMLやCSSの基礎知識とデザインの理解が必要です。

また、具体的な更新範囲を明確にし、運用コストをかけたくないという考えはリスクを伴うことを理解し、保守サービスを検討するべきです。

適切な運用保守と自分での更新のバランスを取ることで、効果的なホームページ運用が可能となります。

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

スマホでホームページのステキな写真素材を撮影する方法

中小企業のためのホームページ制作ガイド

政治家さんのホームページ制作で必要な要素とは