神田、浦安発。制作費無料の
サブスクリプション型格安ホームページ​

美容室、美容サロンのホームページ制作で大切なこと

もくじ

美容サロンのホームページ制作は、集客活動を行うための重要なツールとなります。

美容サロンのホームページ制作で考慮すべき要点と、成功している美容サロンが共通して取り入れている要素について詳しく解説します。

ホームページ制作でブランドイメージの強化

美容サロンのホームページは、サロンのブランドイメージを表現する最初のチャンスです。

デザインは、サロンの個性や価値観を反映するように選びましょう。

例えば、ナチュラルな雰囲気を持つサロンなら、アースカラー系のパレットや自然素材の画像を使用すると良いでしょう。

また、高級感を出したい場合は、金色や黒を基調としたデザインが効果的です。

ブランドイメージは、顧客がサロンを選ぶ際の重要な判断基準となるため、自身のサロンのイメージと合わせてしっかりと考えて決めましょう。

サービスと価格

訪問者が最も関心を持つであろう情報、つまり提供しているサービスとその価格を明確に表示しましょう。

また、各サービスについて詳細な説明を加えることで、顧客が自分に合ったサービスを見つけやすくなります。

例えば、「カット」、「カラー」、「パーマ」などの基本的なメニューだけでなく、「ダメージレスパーマ」、「オーガニックカラー」、「ヘッドスパ」などの特色あるメニューも紹介しましょう。

文字だけの情報だけでなく、写真を掲載して紹介するとわかりやすさがアップします。

また、それぞれのメニューに対するスタッフのこだわりや使用する商品についても詳しく説明します。

スタッフ紹介

スタッフの紹介ページは、顧客がサロンを信頼するための重要な要素です。

スタッフの専門知識や経験、パーソナリティを伝えることで、顧客との信頼関係を築きます。

具体的には、各スタッフのプロフィール写真と共に、名前、役職、得意な技術、経歴、趣味や好きなことなどを掲載します。
中には顔出ししたくないスタッフもいると思いますが、その場合は後ろ姿の写真や似顔絵のイラストがあるだけでも良いでしょう。

また、「こんなお客様におすすめのメニュー」や「得意なスタイル」なども紹介すると良いでしょう。

ホームページで予約システム

オンラインで予約ができるシステムを導入すると、顧客はいつでも自分の都合に合わせて予約が可能となります。

また、スタッフは手作業で予約を管理する手間が省けます。

予約システムでは、「日時」「メニュー」「担当者」を選択できるようにしましょう。

また、予約確定後に自動でメールが送信されるようにすると、顧客にとって使いやすいシステムとなります。

ブログやお知らせ

定期的に更新されるコンテンツは、ウェブサイトのSEO対策に有効です。

また、ブログやニュースセクションは、サロンの最新情報やビューティートレンドを共有する場としても機能します。

成功している美容サロンでは、このセクションを活用し、顧客への情報提供だけでなくコミュニケーションツールとしても使用しています。

ブログに掲載するコンテンツの内容例

ブログに掲載するコンテンツは、サロンの魅力を伝えるだけでなく、SEO対策にも効果的です。

具体的には、「今月のおすすめスタイル」、「新商品の紹介」、「スタッフの日常」などの記事を掲載します。

また、「ヘアケアのコツ」、「季節ごとのヘアスタイル」、「美容に関する豆知識」など、顧客が役立つ情報を提供することで、リピート訪問を促すことができます。

ポータルサイトへの依存からの脱却

ホットペッパービューティーなどのポータルサイトは集客に有効ですが、その分手数料も発生します。

手数料の負担を感じてそういったポータルサイトからの脱却考えるサロンオーナー様もいらっしゃいます。

もちろん、ホームページを整えたからと言って勝手にアクセスが集まり、集客ができるわけではありません。

自社ホームページにもコンテンツの充実を定期的に行い、また、SNSなどのツールを使いながら外部からの導線を確保することが重要です。

大手ポータルの集客力を活用するなら手数料コストがかかりますが、自力での集客を行う場合は、オーナー、スタッフ含め、SNSやホームページでの情報発信が必須になります。

しかしそれがうまく回れば、自社ホームページから直接顧客を獲得し、手数料負担を減らすことが可能です。

たとえば自社ホームページでしか見られない情報や特典を提供したりなどで、顧客に直接訪問してもらうインセンティブを作りましょう。

この美容室でカットしたいと思わせるコンテンツ

「この美容室でカットしたい」と思っていただくためには、「このサロンにお任せすれば、こんなに素敵になれる!」とアピールするコンテンツが必要です。

例えば、「ビフォーアフター」の写真や動画、「スタッフの技術紹介」、「お客様の声」などが考えられます。

カット後の写真を掲載しているサロンはたくさんありますが、スタッフがスマホでかんたんに撮った写真が多いです。その写真、きれいに撮れていますか?

可能であればカット後にかっこよくきれいに決まったヘアスタイルをインスタグラムで拡散したくなるような、素敵な写真が撮れればベストです。

写真を撮る背景をかっこよくしてあたかもフォトスタジオでプロに取ってもらったような写真に仕上がると、お客さまも知り合いに自慢したくなるでしょう。自身のインスタにもアップしてくれるかもしれません。

これらのコンテンツは、顧客がサロン選びをする際に重要視するポイントを押さえているため、効果的です。

まとめ

美容サロンのホームページ制作は、ブランドイメージの強化からSEO対策まで、多くの要素を考慮する必要があります。

しかし、これら全てが揃ったホームページは、ビジネス成功への大きな一歩となるでしょう。この記事が皆さんのホームページ制作の参考になれば幸いです。

ホームページのリニューアル、新規制作なら格安のサブスクリプションで運用保守も可能なウィズスタイルにご相談ください。

その他のコラム

サブスクリプション型ホームページ制作の料金は高いですか?

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

サブスク型ホームページ制作の料金相場と見積もりのポイント

サブスクリプション型ホームページ制作のプロが教えるコンテンツの作り方

サブスクリプションでホームページを制作する企業が増えている理由

サブスクリプション型ホームページ制作の成果測定と改善の方法