ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

個人事業主が格安ホームページ制作を活用して成功するポイント

もくじ

個人事業主やフリーランスは限られた予算の中で事業を運営するため、ホームページ制作にはコスト面での制約があります。

そのため、格安でホームページを制作してくれる制作会社を利用することが一般的です。

格安でホームページを作ってもそこからビジネスへの認知を集め、集客に活用していくポイントをご消化します。

個人事業主は自分の時間がすべて、ホームページのメンテに時間を割けられない?

個人事業主は自身の事業に集中する必要があるため、ホームページのメンテナンスや更新作業までの時間を十分に割くことが難しいこともあります。

こうした制約を解決する方法として、保守や更新代行を行ってくれる制作会社との連携が重要です。

運用保守代行をうまく活用することで、個人事業主が抱えるデメリットを埋め、ビジネスの成功につなげることができます。

例えば、料理研究家の方で家庭用料理教室をビジネスにしている女性がいます。

彼女は毎日の料理教室の準備やレッスンに忙しく、ホームページの更新作業まで手が回りませんでした。

そこで、制作会社に保守や更新代行を依頼し、新しい料理教室の情報やレシピの情報をメール等で共有することで定期的にアップデートしてもらっています。

これにより、ユーザーはいつでも最新の情報を手に入れることができ、料理教室の最新の受講スケジュールや魅力が伝わりやすくなりました。

1. 信頼性のある制作会社の選定

格安での制作を希望する場合でも、信頼性のある制作会社を選ぶことが重要です。

過去の実績やお客様のレビューを確認し、品質の高い制作を提供できる会社を見極めましょう。

例えば、ある個人事業主が個人トレーニングジムを運営しています。

彼はホームページを自分で制作しようとしましたが、専門知識が不足していたため、うまくデザインできませんでした。そこで、信頼性のある制作会社に相談し、トレーニングジムにマッチしたデザインと機能を提供してもらいました。

ユーザーは見やすく分かりやすいホームページで知りたい情報を得られ、問い合わせも増やすことができました。

2. 適切なコンテンツ戦略の策定

制作されたホームページが効果的に機能するためには、適切なコンテンツ戦略が欠かせません。

目的に応じたコンテンツを作成し、効果的な情報発信を行いましょう。WIXやJimdoなどを使って自分だけで作ろうとすると、自分視点で発信した情報になりがちで、ユーザーにとって知りたい情報が適切に表現されないことも多々あります。

実績のある制作会社の目を通してデザインすることで、情報をわかりやすく伝えられるようになります。

3. シンプルかつ使いやすいデザイン

ユーザーがホームページを快適に利用できるよう、シンプルで使いやすいデザインを心掛けましょう。情報の整理がしやすく、直感的な操作が行えるデザインは重要です。

画期的なデザインは、パッと見の「すごい!」というインパクトを与えることができますが、過度なアニメーションに気を取られたり、凝りすぎたナビゲーションメニューの配置やレイアウトのせいで、中身が入ってこないといったことになりがちです。

シンプルで使いやすいデザインというのが最もお客様のためになるホームページです。

4. コンテンツの定期的な更新

時間に余裕がない個人事業主にとって、定期的なコンテンツ更新は難しいかもしれません。

この点で、運用保守代行を行ってくれる制作会社と連携し、定期的な更新を行い、ユーザーに新鮮な情報を提供し続けましょう。

犬のしつけ教室を運営している個人事業主の方の例です。

彼は日々のレッスンやトレーニングに忙しく、ホームページの更新が疎かになっていました。

新規顧客の集客をしたいのに、掲載している情報が古いままなかなか更新できずにいました。

そこで、制作会社に定期的なコンテンツ更新を依頼し、新しいしつけ方法やトレーニングの成果を積極的に発信しました。

ユーザーは常に新しい情報を手に入れることができ、情報の古さでこれまでの機会損失を解消できました。

5. SEO対策の実施

ホームページの集客にはSEO対策が不可欠です。

検索エンジンで上位に表示されるような最適化を行い、多くのユーザーにアクセスしてもらえるよう努めましょう。

SEO対策にはサイトの改善と、それ以上に大切なのが検索キーワードを意識したコンテンツ配信戦略です。

定期的なブログ記事の配信ができればよいですが、自身で記事をかけない場合、記事の執筆を外部に委託することができます。

記事の執筆代行は決して安くはないですが、助成金・補助金等活用できるものは活用して実施することを考えてみるのもよいでしょう。

6. 顧客サポートの充実

ホームページを運営する上での問い合わせや要望に迅速に対応することが重要です。

運用保守代行を行ってくれる制作会社には、顧客サポートを含めた充実したサービスを求めましょう。

ネイルサロンを経営している方の例です。

彼女はホームページに予約フォームを設置し、お客様からの問い合わせを受け付けていました。

接客業の方はメールの確認等を営業時間後に行うことが多く、お客様への返信が遅くなりがちです。

しかし、問い合わせをLINE経由にすることにより、接客の合間にLINEをチェックし、素早く返信を返すことができるようになりました。

これにより、お客様の満足度が向上し、口コミでの評判が拡散されることで新規顧客の獲得につながりました。

まとめ

運用保守代行を利用することで、個人事業主は自身の事業に専念できるだけでなく、ホームページを効果的に運営することが可能となります。

このようなサポートを受けながら、デメリットをうまく乗り越え、小さな事業でも成功への道を切り拓いていけることでしょう。

個人事業ゆえに、大企業にはないアットホームさやこだわりをホームページでアピールすることが重要です。

ホームページを通じて、個人事業主の情熱や専門知識、製品やサービスに対する愛情を伝えることで、ユーザーに信頼感を与えることができます。

また、運用保守代行を活用して、常に最新の情報を提供し続けることで、ユーザーが興味を持ち、リピーターや口コミにつながることでしょう。

ビジネスの詳細を詳しく公開し、自身の強みや特長を際立たせることで、ユーザーに「あなたに頼みたい!」と思わせるホームページを構築しましょう。

その他のコラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

【ホームページ制作・料金】コーポレートサイト制作にWordPressを選ぶ理由や必要なページについて

【料金】ホームページ制作方法別に見る維持費!サブスクサービスの利用がおすすめ

ホームページ制作の料金見積もりで気をつけるポイントは?予算内で実現したい方必見