ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

ホームページ制作時のコンテンツは営業トークをコンテンツに組み込む

もくじ

企業のホームページをリニューアルする際、どのようなコンテンツを用意すればよいか、頭を悩ませる方が多いようです。

文章を書きなれていない方など特に何を書いてよいかわからず、サービスのメニューだけの味気ない原稿しか用意できない方もたくさんいらっしゃいます。

しかし対面で(オンラインで)お話を聞くと、取組み内容やサービスの特長など、たとえ話を交えて流暢にご説明されます。

そういった方のためにホームページ制作時におけるコンテンツのつくり方についてご説明します。

ターゲットを明確にする

まず、コンテンツを作るために、誰に対してこの情報を発信するか、いちばん内容を伝えたい方はどんな人たちかを明確にします。

情報やメッセージを的確に伝えるためには、正確にターゲットを絞り込む必要があります。

極端な話で言えば、商品の購買者となる方と求職者では見せるコンテンツが異なります。

もちろん商品の購買者でも細かくどんな方がどのようなシーンで利用するかをイメージしながら定めていきます。

ターゲットを理解し、そのニーズや関心に合ったコンテンツを提供することが、集客成功の第一歩です。

ターゲットを目の前しているつもりで営業トークをコンテンツに落とし込む

営業トークは通常、製品やサービスについて情熱的に話す機会です。

お客様のお悩みやニーズに耳を傾け、お客様の役に立てるよう提案を行ったり、他の方(他社)の事例を交えたりしながら話をされると思います。

お客様にとっての明確な価値を伝える

自社の商品・サービスがお客様にとってどのような価値があるのか、お客様が利用すればどのような良いことがあるか相手の立場に立ってお伝えします。

自社の強み・特長を伝える

企業の強みや提供する商品・サービスの特長を強調しましょう。なぜあなたの商品やサービスが他と異なるのかを理解させることが重要です。

感情を呼び起こす

営業トークでは感情を揺さぶることがあります。ホームページのコンテンツでも、感情を引き出す言葉やストーリーテリングを使用して訪問者を惹きこみ、自分事として考えられるようにしましょう。

顧客の声

営業トークには顧客の成功事例やフィードバックが含まれることがあります。

これらのコンテンツがあることで、実際に利用されて満足されている方がいる事実を知り、信頼感を与えることができたり、事例を自分(自社)に重ね合わせて考えることができるので、購入へのアクションに近づきます。

プレゼン内容をページコンテンツに組み込む

商談時のプレゼン内容や提案書には、ビジュアル要素や説得力のあるメッセージを含んでいます。

これをページコンテンツに組み込んでいきましょう。

ただ、プレゼンでは営業マンが提案資料を基に説明を行いますが、ホームページ上では訪問者が読むことになるので、必要に応じて営業マンの言葉での説明を文字に落とし込みます。

まとめ

ホームページをリニューアルする際、営業トークと商談時のプレゼン内容をコンテンツに取り入れることは効果的です。

これらの要素は訪問者に企業の価値を伝え、行動を促すのに役立ちます。

ウェブ関連の専門知識がない担当者でも、これらのアプローチを活用して成功を収めることができるでしょう。

ホームページがリニューアルされたら、定期的に更新し、訪問者との対話を継続しましょう。これにより、ウェブプレゼンスを強化し、企業の成功に寄与することができます。

その他のコラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

【ホームページ制作・料金】コーポレートサイト制作にWordPressを選ぶ理由や必要なページについて

【料金】ホームページ制作方法別に見る維持費!サブスクサービスの利用がおすすめ

ホームページ制作の料金見積もりで気をつけるポイントは?予算内で実現したい方必見