ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

ホームページの目的の考え方、決め方

もくじ

ホームページの制作時に、何のためにどのような役割を持たせるのかなど、その目的を明確にすることはとても大切です。

この記事では、ホームページの目的設定のポイントについて、具体的な例と共にお伝えします。

1. ホームページの目的とは何か?

ホームページの目的とは、誰に対して何を伝えるかを明確に定めたものです。

例えば、自社の商品を紹介して売り上げを伸ばすことや、ブランドを知ってもらうこと、情報提供、教育など、いろんな目的が考えられます。

2. ホームページを持つ目的を明確にする重要性

なぜホームページを持つのか、その目的をきちんと設定することは、ウェブサイトの成否を左右します。

目的がないということは目指すべきゴールが定まっていないということと同じです。

どういったコンテンツを用意するか、どのようなコピーや表現がよいのかなどはすべて目的に照らし合わせて決められます。

ホームページの目的を明確にすることは、訪問者に信頼感を与え、行動に結びつけるのに役立ちます。目的を持つことで、ウェブサイトはもっと効果的に動きます。

3. 目的を設定する前に考慮すべきポイント

ターゲットをしっかり特定

誰に向けて情報を提供するのか、そのターゲットを考えましょう。

例えば、自動車メーカーなら、商品の特長、コンセプトに合わせて「30歳代女性、独身、ファッション、アウトドアに関心あり」などと具体的な消費者像を掘り下げてイメージします。

ターゲットのニーズと期待を理解する

ターゲットの欲しい情報や期待を知ることは、ウェブサイトのコンテンツを充実させるために必要です。

商品の情報の詳細を発信することは当然ですが、更にその商品を使用することでどのような満足感が得られるか、ニーズに加えてウォンツを満たせる情報の提供が求められます。

例えば、ベンツなどの高級外車に乗りたいと考える人は、走りの良さや安全性、機能よりも、他人から見られた時の優越感を求めていることがあります。それを満たす商品であることがアピールできると、購入動機が高まります。

4. 目的別のホームページの種類

ブランドサイト

自社のブランドをアピールするために、ビジュアルやストーリーを駆使します。例:高級腕時計メーカーのウェブサイト。

製品やサービスの紹介

製品やサービスの特長を伝え、購入を促進します。例:新しいスマートフォンの紹介ページ。

ブログ記事やコンテンツ提供

訪問者との関係を築くため、情報提供を行います。例:料理ブログ。

コンバージョンの促進

特定の行動を促し、売上やリードを増やします。例:無料トライアルへの誘導。

5. ターゲットを考慮しながら目的を設定する

ホームページを作る時に陥りがちなのが、作りて目線だけのコンテンツ表現に偏ってしまうこと。

読み手の知識量、情報への温度感、情報を閲覧しているときの感情などできる限り想像して表現しないと内容は驚くほど伝わりません。

ターゲットは検索してホームページを見ている段階で考えていることは何か、その課題を解決してあげるためにどういった目的、コンテンツが必要かを顧客目線に立ちながら設定していきましょう。

その他のコラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

【ホームページ制作・料金】コーポレートサイト制作にWordPressを選ぶ理由や必要なページについて

【料金】ホームページ制作方法別に見る維持費!サブスクサービスの利用がおすすめ

ホームページ制作の料金見積もりで気をつけるポイントは?予算内で実現したい方必見