ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

サブスク型ホームページ制作がおすすめ?向いているケースと向いていないケースについて

もくじ

サブスク型ホームページ制作はどのようなケースにおすすめ?

サブスク型ホームページ制作には初期制作費用を抑えられる、専門知識不要など様々なメリットがありますが、特にどのようなケースにおすすめなのでしょうか。こちらでは、サブスク型ホームページ制作が向いているケースと向いていないケースをご紹介します。

こんなときにおすすめ!サブスク型ホームページ制作が向いているケース

サブスクと記したブロック

初期制作費用を抑えたいスタートアップ企業や個人事業主

サブスク型ホームページ制作は、初期制作費用を抑えたいスタートアップ企業や個人事業主にとって最適な解決策です。自社のホームページを作るためには、プロフェッショナルなデザイナーや開発者が必要で、これらのサービスは一般的に高額な初期制作費用がかかります。しかし、サブスク型のサービスでは、一定の月額料金だけでホームページを制作・運用することができます。
初期制作費用を抑えつつプロによるクオリティの高いホームページを持つことができるサブスク型ホームページ制作は、初めてのホームページ制作に挑むスタートアップ企業や、多額の費用をかけるのが難しい個人事業主にとって理想的な選択肢といえるでしょう。

継続的なメンテナンスやアップデートを必要とする企業

サブスク型ホームページ制作は、定期的な更新やメンテナンスを必要とする際に特に役立ちます。ホームページは日々変化する市場環境やユーザーのニーズに対応するため、定期的な更新が必要です。しかし、専門的なスキルを持ったスタッフを常駐させるのはコスト面で難しい場合もあります。
ここでサブスク型ホームページ制作が活躍します。月額料金を払うことで、専門的な知識を持ったプロによる定期的なメンテナンスやアップデートを任せることができます。これにより、技術的な面での負担を軽減し、企業はビジネスに集中することが可能となります。

専門知識はないがホームページを持ちたい個人事業主や企業

ホームページ制作に関する専門知識がない個人事業主や企業は、サブスク型ホームページ制作を活用することで、手間をかけることなく独自のWebサイトを持つことが可能です。専門的な技術や知識、デザインスキルが不要なため、初心者でも安心して利用できます。
また、サブスク型ホームページ制作サービスでは、一定の月額料金でWebサイトの運営・管理が可能です。サイトの更新や問題が発生した際の対応も含まれるため、運用に手間を取られることなく、本業に集中できます。
しかし、自由度の高いデザインや特殊な機能を求める場合、サブスクリプションサービスだけでは対応できないこともあります。その際は、自分のニーズに合わせてサービスを選ぶことが大切です。

サブスク型ホームページ制作が向いていないケースとその対策

長期的な運用を考えている場合

サブスク型ホームページ制作が長期的な運用に不向きな理由として、費用面が挙げられます。サブスクプランは月額料金を支払う形態のため、初期制作費用を抑えられる一方で、利用期間が長くなればなるほど累計の費用が増えていきます。例えば、1年あたり12万円のプランを5年利用した場合、累計で60万円の費用が発生します。
また、サービス提供会社によっては、契約期間に縛りをもうけているところもあります。この場合、途中でサービスを解約すると違約金が発生するケースも考えられます。
したがって、長期的にホームページ運用を考えている場合は、最初から一括で制作費を支払う買い切り型のホームページ制作サービスを検討することも一つの方法といえます。

デザインや機能にこだわりたい場合

サブスク型ホームページ制作は初期制作費用を抑えてスタートできる反面、デザインや機能には限界があります。一部のサービスではテンプレートベースのデザインしか選べないこともあり、オリジナルのデザイン要素を大量に取り入れたい場合や、特殊な機能を取り入れたい場合には不向きです。
また、使用できるCMS(コンテンツ管理システム)にも制限があることから、特定のCMSを用いたい場合も制約が生じます。そのため、自身のビジネスやブランドにぴったりのホームページを作りたい方は、費用と時間を考慮に入れ、一からオーダーメイドで制作するホームページ制作会社に依頼することを検討してみてください。

費用を極力抑えたい場合

サブスク型ホームページ制作を利用する利点の一つは、初期制作費用を抑えられることです。しかし、長期的に利用していくと合計の費用は割高になります。そのため、費用を極力抑えたい場合は、自身でホームページを制作する方法も考慮するとよいでしょう。また、補助金や助成金を利用することも一つの手段です。補助金や助成金は、一定の条件を満たすことで手にすることができ、その資金をホームページ制作に活用できます。しかし、これらの手段にはそれぞれ準備時間や審査が必要となるため、時間的余裕を持って行動することが求められます。

サブスク型ホームページ制作の利用をお考えなら株式会社ウィズスタイルに相談を

通話をしながらPC操作を行う様子

サブスク型ホームページ制作は、初期制作費用を抑えたいスタートアップ企業や個人事業主などにおすすめです。しかし、サブスク型ホームページ制作よりも別の選択肢を検討したほうがよい場合もありますので、ビジネスの目的や予算、時間などを考慮して最適な選択をしましょう。

たいていのホームページは3~5年くらいでリニューアルを行います。つまりリニューアルコストがそのタイミングで発生します。
サブスクであれば、ホームページのリニューアルも大きな制作費の負担を抑えて可能です。

株式会社ウィズスタイルでは、初期制作費無料のサブスク型ホームページ制作を行っています。全部で5つのプランをご用意しており、すべてのプランで弊社デザイナーがオリジナルのサイトを制作いたします。さらにサブスクでご利用中はいつでもホームページのことについて相談できる外部スタッフがいる感覚でご利用いただけます。お客様の多様なニーズにお応えするために様々なオプションをご用意していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

サブスク型ホームページ制作のプラン相談は株式会社ウィズスタイルへ

会社名 株式会社ウィズスタイル
所在地
  • 【東京オフィス】
    〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目1 神田東山ビル7F
    TEL:03-4572-0467
  • ※全面リモートワークを行っております。お電話いただいてもすぐに出られない場合がありますのでご了承ください。その場合は留守電にメッセージをお残しいただくか、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 【浦安オフィス】
    〒279-0014 千葉県浦安市明海4-2 望海の街11-2607
設立 2019年10月21日
事業内容
  • Webサイトの企画・制作
  • Webサイトの運営・サポート
  • Webマーケティング
  • リスティング広告運用
メール info@withstyle-web.com
URL https://withstyle-web.com/

その他のコラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

ホームページ制作時の原稿が書けない方のためのライティングノウハウ

スモールビジネスでホームページとSNSを連携させて集客を成功させる方法

スモールビジネス企業のホームページ制作は、サブスク一択!その理由

ホームページ制作をリースで契約することのデメリット