ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

コラム:

ブログ初心者が参考にしたい、読まれるブログの書き方と実例

もくじ

ブログを始めたばかりの方は、アクセスアップのために読まれるブログ記事を書きたいと思うでしょう。

しかし、ブログ記事の書き方には、SEOやキーワード選定など、様々な要素が関わってきます。

どうすれば、読者にとって価値のあるブログ記事を書けるのでしょうか?

この記事では、ブログ初心者が参考にしたい、アクセスアップのための読まれるブログの書き方と実例を紹介します。

ホームページアクセスアップのための読まれるブログの書き方のポイント

ホームページのアクセスを増やしていくために、読まれるブログの書き方には、以下のようなポイントがあります。

以下のポイントを押さえておけば、あなたも読まれるブログ記事を書くことができます。

  • キーワードを選ぶ
  • タイトルを工夫する
  • 見出しを使う

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

キーワードを選ぶ

キーワードとは、検索エンジンで検索される単語やフレーズのことです。キーワードを選ぶときは、自分のブログのテーマやターゲットとなる読者に合ったものを選ぶことが大切です。キーワードを選ぶには、以下のような方法があります。

  • キーワードツールを使う
  • ライバルサイトを参考にする

キーワードツールを使う

キーワードツールとは、検索されるキーワードの数や競合度などを調べることができるツールのことです。例えば、[Google Adsのキーワードプランナー]や[Bingのキーワードプランナー]などがあります。これらのツールを使うと、自分のブログに適したキーワードを見つけることができます。

キーワードツールの使い方は、以下のようになります。

  1. ツールにアクセスし、自分のブログのテーマやジャンルに関連するキーワードを入力します。
  2. ツールが提案するキーワードのリストを見て、自分のブログに合うものを選びます。
  3. 選んだキーワードの検索ボリュームや競合度などを確認します。検索ボリュームとは、そのキーワードがどれくらい検索されているかを表す数値です。競合度とは、そのキーワードで上位に表示されるサイトの数や強さを表す数値です。
  4. 検索ボリュームが高く、競合度が低いキーワードを優先的に選びます。これは、多くの人に検索されているけれども、競合するサイトが少ないキーワードであることを意味します。このようなキーワードを選ぶと、自分のブログが上位に表示されやすくなります。

キーワードツールを使うことで、自分のブログに最適なキーワードを見つけることができます。しかし、キーワードツールだけに頼るのではなく、他の方法も併用することがおすすめです。次に紹介するのは、ライバルサイトを参考にする方法です。

ライバルサイトを参考にする

ライバルサイトとは、自分のブログと同じテーマやジャンルのブログのことです。ライバルサイトを参考にすると、どんなキーワードが人気があるのかや、どんな記事が書かれているのかを知ることができます。例えば、[ブログランキング]や[ブログ検索]などを使って、自分のブログと関連するサイトを探してみましょう。

ライバルサイトを参考にする方法は、以下のようになります。

  1. ブログランキングやブログ検索などのサイトにアクセスし、自分のブログのテーマやジャンルに関連するサイトを検索します。
  2. 検索結果に表示されるサイトの中から、アクセス数や更新頻度などが高いものを選びます。これは、そのサイトが読者にとって魅力的であることを示しています。
  3. 選んだサイトのタイトルや見出し、本文などを見て、どんなキーワードが使われているかをチェックします。これは、そのキーワードが検索エンジンや読者にとって重要であることを示しています。
  4. 使われているキーワードの中から、自分のブログに合うものを選びます。ただし、そのキーワードがすでに飽和している場合は、別のキーワードを探します。飽和しているとは、そのキーワードで上位に表示されるサイトが多くて、自分のブログが埋もれてしまうことを意味します。

ライバルサイトを参考にすることで、自分のブログに人気のあるキーワードを見つけることができます。しかし、ライバルサイトと同じキーワードや記事をそのまま真似するのではなく、自分なりの工夫やオリジナリティを加えることが大切です。次に紹介するのは、タイトルを工夫する方法です。

タイトルを工夫する

タイトルは、ブログ記事の最初に目に入る部分です。タイトルが面白くないと、読者は記事を開く気になりません。タイトルを工夫するには、以下のような方法があります。

  • キーワードを入れる
  • 数字や疑問形を使う
  • 興味を引く言葉を使う

キーワードを入れる

キーワードをタイトルに入れると、検索エンジンに表示されやすくなります。また、読者にとっても、記事の内容が分かりやすくなります。例えば、「ブログの書き方」よりも「ブログ初心者が参考にしたい、アクセスアップのための読まれるブログの書き方と実例」というタイトルの方が、キーワードが明確で魅力的です。

キーワードをタイトルに入れる方法は、以下のようになります。

  1. 自分のブログのテーマやジャンルに関連するキーワードを選びます。これは、前述のキーワードツールやライバルサイトを参考にする方法で行えます。
  2. 選んだキーワードをタイトルに組み込みます。ただし、キーワードを無理やり入れすぎると、不自然になります。キーワードは、記事の内容を正確に表すものであることが大切です。
  3. タイトルの長さを調整します。タイトルが長すぎると、検索エンジンに切り捨てられたり、読者にとって読みにくくなったりします。一般的に、タイトルは20文字から40文字程度が適切とされています。

キーワードをタイトルに入れることで、検索エンジンや読者にとって魅力的なタイトルを作ることができます。しかし、キーワードだけでは、タイトルが単調になってしまいます。次に紹介するのは、数字や疑問形を使う方法です。

数字や疑問形を使う

数字や疑問形をタイトルに使うと、読者の興味や好奇心を引くことができます。数字は、具体的で信憑性が高いと感じさせます。疑問形は、読者に問いかけることで、答えを知りたくなるという心理を利用します。例えば、「ブログの書き方と実例」よりも「ブログの書き方はこれでOK?3つのポイントと5つの実例を紹介」というタイトルの方が、数字や疑問形を使っているので、読みたくなります。

数字や疑問形をタイトルに使う方法は、以下のようになります。

  1. 自分のブログの内容に関連する数字や疑問を考えます。例えば、記事の中で紹介するポイントや実例の数、記事のテーマに関する疑問や課題などがあります。
  2. 考えた数字や疑問をタイトルに組み込みます。ただし、数字や疑問は、記事の内容と一致するものであることが大切です。数字や疑問が記事の内容と合わないと、読者にとって deceiving になります。
  3. タイトルの長さを調整します。タイトルが長すぎると、検索エンジンに切り捨てられたり、読者にとって読みにくくなったりします。一般的に、タイトルは20文字から40文字程度が適切とされています。

数字や疑問形をタイトルに使うことで、読者にとって興味深いタイトルを作ることができます。しかし、数字や疑問形だけでは、タイトルが平凡になってしまいます。次に紹介するのは、興味を引く言葉を使う方法です。

興味を引く言葉を使う

興味を引く言葉とは、読者にとって魅力的な言葉のことです。例えば、「初心者」「参考」「アクセスアップ」「読まれる」「実例」「必見」「驚き」「秘密」「裏ワザ」などがあります。これらの言葉をタイトルに使うと、読者にとって価値のある記事だと感じさせます。例えば、「ブログの書き方と実例」よりも「ブログ初心者必見!アクセスアップのための読まれるブログの書き方と驚きの実例」というタイトルの方が、興味を引く言葉を使っているので、クリックしたくなります。

興味を引く言葉をタイトルに使う方法は、以下のようになります。

  1. 自分のブログの内容に関連する興味を引く言葉を考えます。例えば、記事の中で紹介するポイントや実例の特徴、記事のテーマに関する驚きや秘密などがあります。
  2. 考えた興味を引く言葉をタイトルに組み込みます。ただし、興味を引く言葉は、記事の内容と一致するものであることが大切です。興味を引く言葉が記事の内容と合わないと、すぐに離脱されてしまいます。
  3. タイトルの長さを調整します。タイトルが長すぎると、検索エンジンに切り捨てられたり、読者にとって読みにくくなったりします。一般的に、タイトルは20文字から40文字程度が適切とされています。

興味を引く言葉をタイトルに使うことで、読者にとって魅力的なタイトルを作ることができます。しかし、興味を引く言葉だけでは、タイトルが誇張になってしまいます。キーワードや数字や疑問形とバランスよく組み合わせることが大切です。次に紹介するのは、見出しを使う方法です。

見出しを使う

見出しは、ブログ記事の構成を分かりやすくするために必要です。見出しを使うと、読者は記事の内容を一目で把握できます。また、見出しは、検索エンジンにも重要な要素です。見出しを使うには、以下のような方法があります。

  • 見出しタグを使う
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 見出しに興味を引く言葉を入れる

見出しタグを使う

見出しタグとは、HTMLのタグの一種で、見出しのレベルを表すものです。例えば、<h1>は最も大きな見出しで、記事のタイトルに使われます。<h2><h1>よりも小さな見出しで、記事の大きな節に使われます。<h3><h2>よりも小さな見出しで、記事の小さな節に使われます。見出しタグを使うと、検索エンジンに記事の構造を伝えることができます。また、見出しタグは、目次や目次ジャンプなどの機能にも使われます。

見出しタグを使う方法は、以下のようになります。

  1. 自分のブログの内容に合わせて、見出しのレベルを決めます。一般的に、<h1>は記事のタイトルに1つだけ使い、<h2>は記事の大きな節に2つから4つくらい使い、<h3>は記事の小さな節に3つから5つくらい使います。
  2. 見出しのレベルに応じて、見出しタグを付けます。例えば、<h1>ブログ初心者必見!アクセスアップのための読まれるブログの書き方と驚きの実例</h1>というように、見出しの前後にタグを書きます。
  3. 見出しタグの中に、見出しの内容を書きます。見出しの内容は、記事の内容を端的に表すものであることが大切です。

見出しタグを使うことで、検索エンジンや読者にとって分かりやすい見出しを作ることができます。しかし、見出しタグだけでは、見出しが単調になってしまいます。次に紹介するのは、見出しにキーワードを入れる方法です。

見出しにキーワードを入れる

見出しにキーワードを入れると、検索エンジンに記事の内容を伝えることができます。また、見出しにキーワードを入れると、読者にとっても記事の内容が分かりやすくなります。例えば、「ブログの書き方と実例」の記事では、見出しに「ブログの書き方」「実例」などのキーワードを入れると効果的です。

見出しにキーワードを入れる方法は、以下のようになります。

  1. 自分のブログのテーマやジャンルに関連するキーワードを選びます。これは、前述のキーワードツールやライバルサイトを参考にする方法で行えます。
  2. 選んだキーワードを見出しに組み込みます。ただし、キーワードを無理やり入れすぎると、不自然になります。キーワードは、見出しの内容を正確に表すものであることが大切です。
  3. 見出しの長さを調整します。見出しが長すぎると、検索エンジンに切り捨てられたり、読者にとって読みにくくなったりします。一般的に、見出しは10文字から20文字程度が適切とされています。

見出しにキーワードを入れることで、検索エンジンや読者にとって魅力的な見出しを作ることができます。しかし、キーワードだけでは、見出しが平凡になってしまいます。次に紹介するのは、見出しに興味を引く言葉を入れる方法です。

まとめ

以上、ブログ初心者が参考にしたい、アクセスアップのための読まれるブログの書き方と実例についてお話ししました。

この記事では、以下のポイントを紹介しました。

  • キーワードを選ぶ
  • タイトルを工夫する
  • 見出しを使う

これらのポイントを実践すれば、あなたも読まれるブログ記事を書くことができます。

ぜひ、試してみてください。


ホームページの新規制作、リニューアル、製品サービスごとに特化したサービスサイトの制作から、公開後の運用まで株式会社ウィズスタイルまでお気軽にご相談ください。

その他のコラム

知り合いに作ってもらったホームページの作り直しが必要になったら、制作費無料のサブスクで!

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

安いSEO対策は手を出すな! ホームページ制作のプロの視点

ホームページ制作後のSEO対策について、本気で上位化を目指すならコンテンツSEOを検討すべき

反応を取りたいブログ記事を書くときに役立つセールスライティングの手法

サブスク型ホームページ制作でSEO対策はできるのか?