With Style BLOG

SEO対策の考え方

検索エンジン対策として、ホームページの制作やリニューアルの時に、あわせてご依頼受けるケースが多いサービス。Search Engine Optimization(=検索エンジン最適化)の頭文字をとってSEOと呼んでいます。営業会社からの電話等で知ったり、ホームページのリニューアルやアクセスアップを考えたときに調べたりすれば情報はあふれていますので、皆さんのSEOという言葉への認知ははかなり進んでいます。しかし、一般の方ですと特に最新の情報を取る必要がないので古い知識のままの理解でとどまっているケースもあります。

この記事では2020年時点で求められているSEO対策の考え方を解説します。

ページの内容を重視お金をかけて

現在の検索エンジンはホームページの内容の質を重視しています。オリジナルのコンテンツで、検索されているかたにとって役に立つ内容であることが重要です。意味のないテキストの羅列や、他のホームページのコピーや書籍の丸写しなどはマイナス評価を受けます。

1ページ1キーワード(テーマ)

1ページには1つのキーワードに絞った内容を掲載すべきです。Googleは「検索=質問」に対する最適な「検索結果=答え」を出すことに日々アルゴリズムをアップデートしています。

また、スマートフォンからの閲覧が増えている状態で、複数の内容が1ページに合った場合、開いたページの上部に自分の知りたい内容がなければすぐに直帰してしまうことにもつながります。

テクニカルな対策はマイナスになることも

キーワード神話に取りつかれたように、たくさんのキーワードをページ内に盛り込んだり、ユーザーから閲覧できないような隠しキーワードや隠しリンクはペナルティの対象となります。

ユーザーファーストの考え方

SEO対策という名称と過去のSEO会社の営業手法のおかげで、対策をすれば自動で検索順位が上がるという思い込みがあります。

SEO対策にはいろいろ手法やテクニカルなこともありますが、まずはビジネスの原点に還ってユーザーであるあなたの会社のお客様や見込み客のことをいちばんに考えることです。

ターゲットはどんな人で、何に困っていて、今どういう状態で、何を求めているか・・・・など、実際、マーケティングの発想が必要になってきますが、ビジネスの基本だと思います。

これらのニーズを満たす内容のページがあれば、それがターゲットに対して良質なコンテンツということになります。

Googleは良質なコンテンツを好みます。検索者のニーズを満たすからです。

おわりに

ホームページとかSEO対策とか、それが目的になるのではなくホームページはただのツールです。SEO対策もただの手法です。そろそろビジネスの原点に還って考えるべきだと思います。会社の広報戦略や商品販売戦略の中にどのように活用するかを考えていきましょう。