With Style BLOG

SEO対策の対応内容の種類

検索エンジン対策として、ホームページの制作やリニューアルの時に、あわせてご依頼受けるケースが多いサービス。Search Engine Optimization(=検索エンジン最適化)の頭文字をとってSEOと呼んでいます。営業会社からの電話等で知ったり、ホームページのリニューアルやアクセスアップを考えたときに調べたりすれば情報はあふれていますので、皆さんのSEOという言葉への認知ははかなり進んでいます。しかし、一般の方ですと特に最新の情報を取る必要がないので古い知識のままの理解でとどまっているケースもあります。

この記事では2020年時点で求められているSEO対策の考え方を解説します。

ページの内容を重視

現在の検索エンジンはホームページの内容の質を重視しています。オリジナルのコンテンツで、検索されているかたにとって役に立つ内容であることが重要です。意味のないテキストの羅列や、他のホームページのコピーや書籍の丸写しなどはマイナス評価を受けます。

1ページ1キーワード(テーマ)

1ページには1つのキーワードに絞った内容を掲載すべきです。Googleは「検索=質問」に対する最適な「検索結果=答え」を出すことに日々アルゴリズムをアップデートしています。

また、スマートフォンからの閲覧が増えている状態で、複数の内容が1ページに合った場合、開いたページの上部に自分の知りたい内容がなければすぐに直帰してしまうことにもつながります。

テクニカルな対策は意味がない

キーワード神話に取りつかれたように、たくさんのキーワードをページ内に盛り込んだり、ユーザーから閲覧できないような隠しキーワードや隠しリンクはペナルティの対象となります。

SEO対策には大きく分けると内部対策と外部対策、攻めのコンテンツSEO

SEO対策には自身のホームページ側で改善対策が可能な内部対策と、自分たちではできない外部対策があります。対応範囲によってやることとコストも変わってきます。ホームページの目的・業種、かけられるコストによって対応範囲を決めます。

内部対策について

  1. ソースコードの最適化
  2. タイトルタグ、メタディスクリプションの最適化
  3.  ページ内文章の改善

《ソースコードの最適化》

ホームページのソースコードの最適化は、ホームページ制作会社のコーダーの仕事です。文章構造を組み立てているHTMLが検索エンジンの推奨する構造になるように構築します。制作時に適切に組んでしまえば問題ないかといえばそうでもありません。HTMLにはバージョンがあり、これまで普通に使用されていたタグが推奨されなくなったりといった改変が行われることがあります。それに対応したチューニングもSEO対策の一つです。

《タイトルタグ、メタディスクリプションの最適化》

タイトルタグや、メタディスクリプションは検索結果に表示されるリンクと概要のことです。

Googleで検索すると右のような検索結果が表示されます。上のオレンジ部分がキーワードに対して表示される広告部分、下の緑の部分が検索結果です。オーガニック検索結果ともいわれます。

青いリンク文字がタイトルタグ、その下の3行ぐらいの文章がメタディスクリプションに記載されている文章です。ただし、記載内容はGoogleが独自に変更して表示されることがあります。

《 ページ内文章の改善》

ページ内文章の改善は、検索されているキーワードと文章で使用されているワードのチューニングを行います。

外部対策について

他のホームページから自身のホームページに貼られた良質なリンクによって検索順位を押し上げる効果があります。良質な被リンクは多ければ多いほど良いとされています。「良質」とは自身のホームページのテーマに合ったホームページからのリンクということです。昔はテーマ性が関係なく、リンク数のみが評価されていましたので、内容の全く関係のないブログを量産し、自動的にリンクを張るというSEO会社が伸びていました。

現在はテーマに関係のないリンクを大量にはるとホームページの評価が下がり、検索順位も落ちてしまいます。

外部対策をする場合はテーマ性に注意し、関連するホームページにリンクの依頼を行うか、自社でメディアサイトを作り、運用する必要があります。

コンテンツSEOについて

ホームページのテーマに合い、ユーザの役に立つコンテンツが多ければ多いほどホームページの価値は上がります。ニッチキーワードで検索に上がるコンテンツを量産して全体のアクセスを上げていくことを目的とします。コンテンツライティングの労力またはコストがかかりますが、作ったページはインターネット上に資産として残り、将来にわたってアクセスを集めることができます。

社内に文章をかけるスタッフがいない場合は、外部ライターを使ってコンテンツを作成します。作成されたコンテンツページは、アクセスやコンバージョンの状況をモニタリングしながらコンテンツの調整も行います。