ホームページ制作 サブスク | 制作費0円から作れる! 千代田区神田、千葉県浦安

格安ホームページ制作のススメと注意すること

もくじ

ホームページはビジネス展開や情報発信のために欠かせない存在となっています。

特に、小規模な事業者や個人事業主にとっては、コストを抑えてホームページを制作することが重要です。

そこで、格安ホームページ制作のススメと注意点について考えてみましょう。

格安ホームページ制作とは

格安ホームページ制作とは、通常10万円以下の予算でホームページを制作することを指します。

この制作スタイルでは、複雑なシステム開発は対応できません。

基本的な情報発信やお問い合わせ、資料請求などを受け付けることが主な目的です。

格安ホームページ制作をお勧めする理由

1. 金銭的リスクが低い、仮に失敗してもやり直ししやすい

金銭的リスクが低い

数十万~数百万円という価格と違い、数万円~10数万円程度ででホームページを制作するため、仮にデザインや内容に満足いくものができなくても金銭的に大きな損失を被ることはありません。

やり直ししやすい

ベースの制作費用が安いため、必要に応じてコンテンツの追加や修正や改善を行いながら、徐々にホームページを育てていくことができます。

出来上がりの満足度が50%でも改善によって高めていくことができます。

2. 顧客へのアピールがしやすい

サービスに特化したサイトを量産できる

複数ビジネスを展開している会社であれば、サービスごとに特化したホームページを量産することができます。

これにより、掲載するコンテンツには専門性を高め、定期的に有益な情報発信を行うと、顧客への訴求力を高めることができます。

3. トライアンドエラーを通じたビジネスの成功への近道

低コストでトライアンドエラーを繰り返す

仮に高額な制作会社に依頼しても、成功が保証されるわけではありません。200万円かけて作ったけれど、まったく集客につながらないといったケースもあります。

ビジネスはトライアンドエラーの繰り返しです。

格安ホームページ制作によって、ベースを作り、その後の更新作業などによってコンテンツ追加、改善を行い、ビジネスのベストプラクティスを見つけ出し、徐々に成長させることが可能です。

もし、200万円の予算があるならば、200万円かけて作って、その後放置するよりも、20万円の費用でベースのホームぺージを作り、その後、運用の情報更新・改善・集客マーケティングに180万円をかけるほうが成功率が高まります。

ホームページ制作に費用をかけるべき場合と、かけなくてもよい場合を理解する

ホームページ制作には、状況に応じて費用をかけるべきかどうかを判断する必要があります。

費用をかけるべき場合

集客マーケティングの実施で広告費かける場合やブランディングを行う場合

集客に重点を置く場合は、制作前にペルソナ設定、業界分析、競合リサーチ、コンテンツ設計・制作など専門的なアプローチが必要で、それには当然費用がかかります。本格的にやる場合は設計~コンテンツ制作まで1~3ヶ月くらいかかります。

中堅~大手企業は他社との差別化の観点から調査分析が必須なため、予算をかけて制作されています。

費用をかけなくてもよい場合

シンプルな情報発信が主な目的で集客マーケティングを行わないの場合

運用で広告をかけない場合は詳細な調査・分析を行っても成果に影響がないでしょう。

格安ホームページ制作会社の見極め

格安ホームページ制作会社を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

経験と実績のある会社(人)を選ぶ

制作実績を見て、一定のクオリティががもたれているか、テンプレートのようなありきたりのデザインばかりではないかなどを見て判断します。

中にはスクールで学んで卒業したての方が経験を積むために格安で価格提示しているケースもあります。その場合、経験が浅いため柔軟な対応ができなかったり、制作に関する知識、上方発信に関する知識、ビジネスに関する知識が乏しいケースがあるため、注意が必要です。

彼らに依頼する場合は価格以上に期待するのではなく、一部応援する気持ちを持つくらいがよいでしょう。

専門的な知識を持つ人に依頼する

ホームぺージ制作を勉強したての人は、圧倒的に知識が少なすぎます。スクールで学べることというのはほとんどがスキル的なことです。しかも限られた時間での学習カリキュラムなので、知識不足・経験不足のためいろいろなケースに対応できない可能性があります。

ホームページ制作には制作の技術的なことは当然として、情報設計、顧客心理、デザイン、マーケティング、ヒアリング能力なども必要です。

そういった意味でも経験数、経験年数は選ぶ際の指標となります。

また、制作者の中にはコーディング専門の方もいます。コーディングの前に情報設計・デザインが必要となりますので、必ず「情報設計・デザイン」からできる会社に依頼することをお勧めします。

ホームページ公開後の運用を意識する

「ホームページ公開=完成」ではありません。

公開後もコンテンツの充実や改善を行うべきものです。制作時の予算の都合や時間の都合で満足いくコンテンツができていない場合でも、運用の中でコンテンツ追加や改善を続けて成果を最大化させることが大切です。

まとめ

格安ホームページ制作は、予算を抑えて効果的に顧客に情報発信する手段として魅力的です。

しかし、目的や状況に応じて制作の必要性や方法を検討することが大切です。適切な選択と運用によって、少ない予算でもビジネスの成果を最大化させることが可能です。

その他のコラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

ホームページ制作案件ではないですが、うれしかったお客様からの言葉

制作費無料でもオリジナルデザインでホームページを作ります。

ホームページ担当者の採用はなかなか難しい

ホームページの制作を無料にして、マーケティングに予算をかけよう

フリーランスのホームページ制作料金は意外と高くつく?!

関連コラム

【ホームページ制作・料金】サブスク(月額)型ホームページ制作はどう選ぶ?注意点もご紹介

【ホームページ制作・料金】コーポレートサイト制作にWordPressを選ぶ理由や必要なページについて

【料金】ホームページ制作方法別に見る維持費!サブスクサービスの利用がおすすめ

ホームページ制作の料金見積もりで気をつけるポイントは?予算内で実現したい方必見