BLOG

自分でMEO対策を行う方法

MEO

Googleマイビジネスへの登録

自分でMEO対策を行う上で必ずやるべきことはGoogleマイビジネスへの登録です。

GoogleマイビジネスとはGoogle検索結果やGoogleマップ、その他にも様々なサービスがありますが、それらに表示するビジネスの情報や組織の情報を一元管理するツールです。

登録はGmailアカウントを持っていなくても可能です。

登録は正確にできるだけ詳しく入力しましょう。

未来のお客様が行きたいお店を探すときに、情報が充実しているほうが検討しやすいです。

一通り登録が終わればオーナー確認を行います。

これは別人が本人になりすますことを防ぐ目的があります。

オーナー確認はほとんどがハガキで認証のためのコードが送られ来ますので、送られてきたらそれを入力して完了です。

ハガキの到着には数週間かかることがありますので気長にお待ちください。

ビジネスによってはハガキではなく、電話やメールなどで行えるものもあります。

これらの選択肢が出ていれば、選択可能です。

こちらの方がはやくオーナ確認が完了します。

サイテーションを意識する

サイテーションとはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、「言及」とか「引用」などの意味があります。

ネット上のあらゆる場所で言及されているビジネスであれば信頼性が高いだろうという判断がなされ、上位化への効果があるといわれています。

「SEO対策で外部サイトからの被リンクを集める」ことの重要性を言われていたこともありますが、それに似ています。

サイテーションの場合はリンクは必要ありません。

いろんなサイトで言及・引用されるだけでよいのです。

ただし引用のされ方には正確性が重要視されています。

正確なサイト名、会社名、住所の表記、数字の全角・半角など、省略したりせずあらゆるサイトで同じ表記されているほうが好ましいです。

自分で運営しているサイトのサイテーションを整える

他社(者)が運営しているサイトではサイテーションは相手次第となりますが、自社で運用しているサイトは必ず表記を整えましょう。

・コーポレートサイト

・採用サイト

・サービスサイト

・ランディングページ

など、複数サイトを運用している場合は会社名、住所電話番号などの表記は全く同じにします。

・Twitter

・Facebook

・Instagram

・エキテン

・EPARK

その他ポータルサイトに登録する表記もあわせましょう。

上位に来る基準は、月額費用のプランの違いにあったり、ユーザーからのレビューであったりすると思います。

MEOの場合は自然検索の上に表示されるので、SEO対策やポータル内の争いの上を行きます。

しかもGoogleマイビジネスを使うだけなら無料です。

関連性、距離、知名度で掲載順位が決定する

MEOでは検索キーワードとの関連性の強さと、検索で指定している場所からの距離、知名度によって決定づけられています。

自分で行える対策としてはGoogleマイビジネスに掲載する情報を充実させること、的確な情報提供があれば、検索キーワードとの関連性を高めることができます。

もちろんクチコミも大切

Google検索結果で表示されるビジネス情報に一般の方のクチコミが投稿投稿されているのを目にしたことがあると思います。

5段階の☆評価とレビューが投稿できます。

店舗(会社)側としては良い評価が得られるように印象に残るサービスを提供していきましょう。

コメントに対して返信もできますのでマメに返信コメントを発信すると見る方の印象もアップします。

低い評価や厳しいコメントが寄せられても謙虚に受け止め、お客様からの指摘として次への改善とサービス向上の姿勢を見せて取り組みましょう。

最後に...

店舗系ビジネスに限らずどんなビジネスでもGoogleマイビジネスへの登録をお勧めします。

オフィスを構えている場合はGoogleマイビジネスに登録してみてください。

当社では登録代行サービスを10,000円(税抜)で行っております。

MEO対策を今スグ行いたい方は、リアルオンのMEO対策サービスをお勧めいたします。

ご相談・お問い合わせ

CONTACT

マーケティングやコンサルティングへのご相談、新規・リニューアルでのWebサイト制作から運用までお気軽にお問い合わせください。

ご訪問での対応エリア:東京都23区、千葉県内

ハングアウトでの対応エリア:全国

WITH STYLE by Realon