With Style BLOG

ホームページ制作・ホームページ活用の役割分担

ホームページから集客したいとリニューアルや改善を考えるとき、次の二つのどちらかで考えていませんでしょうか?

  • 全て任せられる会社に頼んでやってもらう
  • 自分で考えてやってみる

ホームページの成果は、専門家とうまく協力しながら、あなたがどれだけ関わるかによって変わってくる。

自分はネットに詳しくないので、それに詳しい専門家に任せたいと思うのは普通です。

しかし、ホームページの制作って、ネット上であなたの会社のプロモーションをしたり、お客さんに営業するバーチャルな営業マンを育てることです。

あなたの会社の営業マンは、お客様に商品・サービスをわかりやすく正確に、魅力的に伝え、その価値をわかってもらい購入してもらうことが仕事です。

そのためにはあなたの会社の商売について熟知している必要があります。

普通に考えて、第三者の制作会社や広告代理店が、あなたの業界や歴史、あなたの商品、顧客層の特徴、状況についてあなた以上に把握していることはまずありえません。

専門会社にそれらをあなたと同じように把握したうえで制作しても売らうことを期待するなら、それ相応の調査から始めることになり、かなりの時間と費用がかかります。

そこであなたの出番です。

お客さんと自信のサービスについて最も近い位置にいる、あなたや営業スタッフが積極的に関わることです。

制作会社に伝えた情報が加工されてホームページに掲載されます。伝える情報量が少ないとそれなりのものしかできません。

初めてのお客さんに自社の紹介、商品の説明をするように丁寧に。。。そして「こんな課題がある、このように改善していきたい、社内の体制はこうだ」など、できるだけ詳しく伝えてみましょう。

共感を得て専門会社を味方につけるときっと力になってくれる。

  • どういう思いでこのサービスを立ち上げたか
  • 日々どんな苦労をしているのか
  • 誰にいちばんこの商品を使ってほしいのか
  • これからどのようにしていきたいのか
    等々

クリエイティブにかかわる人間って、共感できるもの、心揺さぶられるものに対して力になりたいと思うものです。

ビジネスについての想いの部分を語って伝えてみてください。

お客さん想いのところ、社員想いの社風・・・。今現実そうでなくてもこうしていきたいというビジョンでも十分です。

「丸投げして失敗した」という経験があるのなら、その半分は自己責任です。

制作会社に自社の魅力を伝えらえれないということは、魅力が伝わるホームページになるはずがないということです。

任せっきりではなく、あなたやあなたの会社のスタッフが積極的にかかわり、情報開示や原稿提供を行い、第三者の目線で制作の専門会社が表現するという役割分担で取り組んでいきましょう。

自社の営業マンを育てるように、ホームページも育てるメディア。

ホームページは制作しただけで完了ではありません。新人の営業マンが社員研修を受けた段階と同じです。

その後も育成していくべく、情報コンテンツのアップデートや改善が必要です。

勝手にSEO対策をやってくれるわけではありません。

公開後の運用にももっと積極的に現場の声を聞いて、ホームページの改善をしてきましょう。