千葉でホームページ制作・運用コンサルティングのウィズスタイル

withstyleロゴ
電話番号
問い合せボタン
ホームページ制作
コンテンツマーケティングによる集客支援
ホームページ制作
コンテンツマーケティングによる集客支援

コンテンツマーケティングによる集客支援

コンテンツマーケティングとは

集客アイコン
集客支援のための
マーケティング戦略
集客アイコン
コンテンツマーケティングとは、自社商品やサービスの認知・理解向上から集客支援・売上アップにつなげるためのマーケティング戦略の一つです。
ペルソナ設定をした見込み客に興味・関心を持ってもらい、「欲しい」「サービスを受けたい」という気持ちに育てていく(変えていく)ことを意図しながらコンテンツを提供していく取り組みです。

作り手目線で商品・サービスの紹介をしていても見込み客の心には響きません。その商品・サービスを使った結果、顧客の希望がかなった状態をイメージ出来るということがポイントです。 また、何度もホームページへ訪問していただくうちに、「欲しい」「買いたい」という気持ちを高めていただくため、継続して読みたくなるコンテンツを定期的に作成し公開していくことが必要となります。

企業がホームページに持たせる役割にはいくつかありますが、特にウィズスタイルが提供するコンテンツマーケティングは、最終的には集客支援に特化して考えております。
コンテンツ
見込み客に有益な
コンテンツの提供
コンテンツ
人がインターネットで情報を探すとき、ほとんどが検索エンジンにキーワードを打ち込んで探します。そのキーワード自体が見込み客の知りたいことでありニーズと言えます。入力したキーワードに対する答えが貴社のホームページにあればきっと読まれることでしょう。

検索エンジン大手のGoogleはユーザーにとって有益なコンテンツを評価しており、「読まれている」という状況をアクセス数やページ滞在時間などの指標で判断されれば、検索上位に掲載されるようになっていきます。

SEO対策も検索上位に持ってくる取り組みではありますが、「SEO:検索エンジン最適化」という名の通り、検索エンジンに読み取られやすいようにテクニカルな要素である部分が多いです。 対してコンテンツマーケティングは本質的に見込み客の役に立つコンテンツ提供であるため、Google社が本来目指す目的とも合い、今後のインターネット場での販売マーケティング手法として主流になりつつあります。
いいねアイコン
コンテンツマーケティングと
リスティング広告の違い
いいねアイコン
コンテンツマーケティングで作成されたコンテンツはインターネット上に蓄積されていきます。コンテンツ料が少ない間は効果は見えにくいですが、ページ数が増えれば増えるほどサイト全体のパワーが高まり、検索上位に表示されやすくなったり、そのことでトータルのアクセス数が増えてきます。

一方、リスティング広告は設定したキーワードと広告費に応じて検索結果ページの上部や右側に表示されるため、手早くサイトへの流入を図りたい場合に有効です。広告文とランディングさせるページは顧客のニーズに応える内容になっている必要があります。そうでなければクリック課金によるコストのみがかかり、コンバージョンされないという状況が生まれます。

広告費を一定額かけた場合の送客数と送客単価の関係。

リスティング広告による送客数と送客単価

グラフ1

コンテンツマーケティングによる送客数と送客単価

グラフ2
社内ではなかなかできないコンテンツ作成を代行いたします。
コンテンツマーケティングの有用性をご理解いただけたでしょうか?
ウィズスタイルでは貴社の商品・サービスに合わせたコンテンツ制作を代行します。
ペルソナ(ターゲット顧客)の設定からキーワードの洗い出し、コンテンツの企画制作を行います。そのうえで毎月一定数のコンテンツ配信ができるようコンテンツライティングをいたします。
ボタン
お問い合わせ
電話