お客様と共に創り、育て、稼ぐホームページ制作
WithStyle(ウィズスタイル)

ホームページ集客にかけるべきコスト

2017年04月3日
omanekineko
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
ホームページ集客とコスト

「ホームページから集客ができればいいなー」とお考えの会社経営者様、ホームページ担当者様、今回は集客とコストの関係を考えてみましょう。

「ホームページで集客」で多くの人が考えるのが、SEO対策やPPC広告です。
で、この記事を読んでいる方はSEO対策やPPC広告ではうまくいっていない方だと思います。

SEO対策では外部リンクを使用した成功報酬での検索結果上位表示サービスもあり、上位に表示されない段階では費用はかかりません。
だだし、上位表示したら結構な金額がかかってしまいます。
そもそも外部リンクはペナルティになる可能性もあるのでお勧めはしません。
お金をかけて上位表示されても選択するキーワードやホームページのデザインや内容によって成約につながらないこともあります。

PPC広告においても同様ですね。
本当にそのキーワードが購入に近いターゲットが使用するキーワードか、ズレていれば無駄クリックになります。
また、クリックされるたびに予算が消費され、更にホームページでちゃんと訴求されていなければ成約率は下がります。

思うように成果につながらない場合、運用コストは高いと感じてしまいます。
ホームページから集客は無理だなーとあきらめてしまいます。

でもホームページ集客の成果が上がっている会社は、10万円でも20万円でも安い!と感じることでしょう。

ホームページからの受注が増えた! に変えていくために失敗の原因分析をしましょう

ホームページからの集客がうまくいかなかった原因は分析されていますでしょうか?

これまでお話をお聞きした会社様のほとんどが因分析をしていらっしゃいませんでした。
あるいは主観的な思い込みをされていて、本来的な原因分析には至っておりませんでした。

失敗は成功に結び付けるプロセスと考えれば、やっただけであきらめてしまうのはもったいない。
少し工夫すれば、うまくいくようになるかもしれません!
しっかりと冷静・客観的に原因分析として次の手を打てるようにしていきましょう!

「うまくいかなかった集客がうまくいった!」
「これを工夫したら受注が増えた!」
「何をすればよいかわかった!」

となるようにホームページご担当者様も、運用を任せている会社もできるだけ対等に意見を言い合える関係性があることが望ましいです。

ホームページの改善に必要なのはお互いの信頼関係

ホームページ担当者様も、運用会社も失敗は失敗と認められる関係性ができているのが理想。

お金を払う側は相対的に立場と意見が強くなりがちです。
主張が強すぎると運用会社からのせっかくのいい提案を見過ごしたり引き出せなかったりすることがあります。
それはもったいない!

毎月お金が出ていく話なので、焦ったりヒートアップしたりするお気持ちはよくわかります。。。
ご担当者様の発言が、制作会社のいい提案を無意識に封じてしまう事もよくあるのです。

「ホームページからの集客、売上を増やす!」という共通の目標をもって前に進めるような信頼関係を作っていきましょう。

ホームページ集客にかけるべきコスト

ホームページ集客にかけるコストはお客様の会社のサービスの客単価に大きく影響されます。
また、Life Time Value(ライフ タイム バリュー)と呼ばれる顧客生涯価値にも影響されます。

かんたんに言えば「どれだけ稼げるか?」ですね。

例えば1回あたりの売上が5,000円だったとしても、平均して10回はリピートがあるものだと、50,000円は売上を見込むことができます。
この時の顧客獲得単価が10,000円であっても、10回のリピートの中でコストを回収できることになります。

アクセスの少ないサイトでは❝がまん❞からスタート

新規で立ち上げるWebサイトやもともとアクセスの少ないサイトは、まずアクセスの母集団を稼ぐことが最初の課題です。
月間100アクセスしかないのであれば、1,000を目指す。
月間1,000アクセスであれば2,000を目指すといった努力とその間にかかる運用コストもかかるのでがまんの時期です。

アクセスがない(見に来ている人少ない)のに成果が出ないのは当たり前です。
焦る気持ちを抑えて、アクセスが増えるように顧客にとって役立つコンテンツを増やしていく努力をしましょう。

ある程度アクセスが増えてくれば、コンバージョン率を上げるためにもページの改善など合わせてできると尚良いですね。

どのみちチラシの配布やミニコミ誌への広告などでも結構お高い費用が掛かりますので、ホームページを育てていくことに力を入れる方が将来的におトクです。

役に立つコンテンツを増やしたり、関連サイトに登録したりした作業は、消さない限りずっと残りますが、PPCやチラシの配布、広告は期間が過ぎれば消えてしまいます。その違いは大きいです。
今は大変でも努力の蓄積をしていきましょう。

ホームページの改良・改善のアドバイスをして育てていくためのパートナー

やるべきことは理解できても、忙しくてできなかったり、途中で挫折してしまったりすることが機会損失につながっています。
もし、あなたが本気でホームページからの集客に可能性を感じているのなら、あきらめずに挫折せずに行動を継続するためのペースメーカーを持つことをお勧めします。

ペースメーカーとはあなたの毎月の忙しさを理解したうえで、挫折させることなく、役に立つコンテンツの追加や改良・改善をアドバイスしていける存在です。

リアルオンでは中小企業のホームページ改良・改善、集客力アップへ向けたいわゆるWebコンサルティングを行っています。
企業のご予算に合わせて3~10万円程度からはじめられるメニューを組み立てます。

ご相談までは無料。
本気でホームページ集客を成功させたいとお考えなら、今すぐお問合せください。

 

 

PPC広告においても同様ですね。

本当にそのキーワードが購入に近いターゲットが使用するキーワードか、ズレていれば無駄クリックになります。
また、クリックされるたびに予算が消費され、更にホームページでちゃんと訴求されていなければ成約率は下がります。

思うように成果につながらない場合、運用コストは高いと感じてしまいます。
ホームページから集客は無理だなーとあきらめてしまいます。

でもホームページ集客の成果が上がっている会社は、10万円でも20万円でも安い!と感じることでしょう。

 

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
トップページへのバナー
この記事を書いた人