お客様と共に創り、育て、稼ぐホームページ制作
WithStyle(ウィズスタイル)

売上アップを目指せるホームページの作り方と活用の仕方

2017年03月30日
omanekineko
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
ホームページからの集客

「紹介で仕事をいただけるのにも限界があるし、チラシは配布にお金がかがるのでそろそろホームページを使って本格的に集客ができないかな?」と考えている企業経営者様、ホームページ担当者様!
いろいろ調べたりセミナーに出て勉強しても「結局、本業もあるので自分で何かをできる時間が取れない!」とは思っていませんか?
このままだと時間だけ過ぎて機会損失していますよ。時間もコストですので、何も手を付けられていないことが見えない損失になっているのです。

「売上アップにつながるホームページってどうすればよいの?」
「どこの制作会社に頼めば成果が出るの?」
「お金はどれくらいかけるのが妥当?」
「成果を上げている会社はどうやっているの?」
「もっとホームページのことを勉強しなければいけないのかなあ」

これは特に本業と掛け持ちで役割を任されている企業のホームページ担当者様が感じているお悩みです。

  • 本業の仕事は通常通りあるのにそれに加えてホームページの運用を任されていて、じっくりホームページで何をすればよいかなんて考えている時間がない。
  • 会社はチラシの配布にはお金をかけるけど、ホームページにあまりコストをかけたがらないので、ほとんど無料や格安のサービスを利用したり、自分で何とかしなければならない。
  • 中途半端に手を付けているので成果が出ないどころか、本業のお仕事もおろそかになりがちで疲れだけがたまっている・・・。

そもそも中小企業で専任でホームページ担当者を付けられている会社ってどれくらいあるのでしょうか。・・・・疑問ですね(笑)
少し考えてみてください。
テレビCMや新聞、雑誌に広告を出すとなるとかなりのお金がかかります。商品やサービスをお客様に知らせるのに必要な費用です。でもホームページとなると・・・・・、意外に適切なコストをかけられていない会社が多いのではないのでしょうか。。。

インターネットでタダ同然で情報が見られる状況があり、探せばさまざまな無料のツールや格安のサービスがたくさん出てきますよね。色々と工夫すれば、やりたいことに近いことはかなりできてしまいます。そのため、ネットサービスに高いお金を払うということに抵抗を感じてしまうのです。

様々なツールをうまく使いこなせて成果を出せるのであればそれがいちばんいいのですが、でも成果が出ていないのであれば、無駄にやり続けるより、専門家に外注したり相談するほうが結果的に成果につながるのではないでしょうか。

「いずれ、いつかは、もう少しやってみてから・・・」ではなく、「今すぐ」ですよ!
悩んだり調べたり考えている時間がもったいないです。

「こうしたい!」という方針だけしっかり持って、あとは私たちリアルオンのようなWebマーケティング会社、Web制作会社に頼んでみてください。

これからの時代、Webマーケティングが必要!

ホームページの改善やリニューアルの頼み先ですが、一つの考え方をお伝えしましょう。

(注意1)格安ホームページはやめましょう。

ここに頼む時点で今と状況は変わりません。格安ホームページ制作は、テンプレートのデザインでお客様がすべて用意したコンテンツを貼り付けでデザインするだけに限定されるためコストが安いのです。
デザイン的にかっこいいものができたとしてもマーケティングの観点から集客できるサイト作りには程遠い、あるいはご自身が高い知識と経験をもってハンドリングしないと成果の出るものはできないでしょう。

(注意2)Web制作会社に頼むのはやめましょう。

制作がメインの会社はデザインをかっこよく見せるのが得意です。
「ターゲット設定が・・・」とか「コピーライティングで・・・」とか言われると思いますが、実際のところマーケティングのことは不得意です。つまり、集客については基本詳しくありません。
デザインがオリジナルになってページコンテンツ作りなどご担当者様の代わりにやってくれることもありますが、マーケティングの視点が弱いと成果につながりません。

(注意3)Webマーケティングだけの会社に頼むのは片手落ちです。

Webマーケティングだけの会社は制作は外注になります。ページの改善を行わず、SEO対策に関連する各種ヘッダ情報の修正やページのテキストの追加修正のみですと、アクセスは増やせますが、問い合わせや成約の効率が上がりません。
ページの改善に当たっては制作会社との連携がうまく取れないと意図したものにならないこともあったり、コスト高になることもありますので注意が必要です。
ここまで否定するとどこに頼めばいいの?となりそうですね。

WebマーケティングとWeb制作ができる会社がベスト!

数としては少ないですが、WebマーケティングとWeb制作の両方行う会社に任せるのが効率的にも効果的にもよいでしょう。
制作前の設計段階~制作中~制作後もWebマーケティングの視点でのチェックが入りますので、集客という目的にかなうホームページに仕上がります。
また、ホームページは制作後の運用がとても大切です。
運用時の改善改良においてもマーケティングと制作の両方の協力においてベストな対策が可能となります。

WebマーケティングとWeb制作の両方ができる会社が少ない理由

Web制作会社は参入障壁が低く、大手からフリーランスまで様々です。制作のクリエイターを育てる学校もあり、毎年のように新人が社会に入ってきます。パソコンが得意な人であれば独学でも仕事をとれるレベルまでスキルを高めることができる業界です。

一方、Webマーケティングを学べる学校はまだそれほど多くありません。
ある程度のビジネスの経験や経営者思考が求められたりとハードルがかなり上がります。統計に関する知識や心理学についての知見などすぐに身につけられるものではありません。

それだからこそ、社内のホームページ担当者が片手間でやるよりも専門家にスパッとふってしまう方が良いです。
マーケティングの担当者を一人雇おうと思うと、社会保険料も含めると人件費だけ月額40万円~60万円は軽くかかりますよね。
それが数万円で活用できるとすればかなりお得だと思います。
ぜひ積極的にWebマーケティングを活用してみてください。

重要なのは費用対効果

ホームページの運用にお金をかけるとしても、商売ですからどれくらいの費用対効果があるかは気にしましょう。
コストをかけてもその分集客できて売り上げが増え、コストもペイできるということが想定できればどんどん活用しましょう。プロを使うことで社長やホームページ担当者様の時間が空きます。じっくりと本業に専念していただきながら、負担すべき作業を分担すればよいのです。

リアルオンのWebマーケティングとWeb制作は中小企業様向け価格

私たちリアルオンはWebマーケティング部門とWeb制作部門の両方のサービスを行っています。高過ぎず、安過ぎず、中小企業でも手の届く価格設定で行っています。
月額で約3万円~5万円くらいは費用負担できる会社様を対象にしています。
基本的にはブログを使ってコンテンツSEO、コンテンツマーケティングを行っていくのですが、企業のホームページ担当者様にて見込み顧客が読みたい!と思ってもらえる記事を書くためのテーマ出しやサポートを行っています。

気になった方はすぐにお問い合わせください。

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
トップページへのバナー
この記事を書いた人