お客様と共に創り、育て、稼ぐホームページ制作
WithStyle(ウィズスタイル)

超かんたん! 集客できるブログの書き方

2017年03月28日
omanekineko
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ

ホームページからの集客はできていますか?

私たちもお客様から、ホームページから集客していきたいというお問合せをたくさんいただきます。
リアルオンでホームページを作った会社様でもうまく集客できているところと、全く集客できていないところと二極化しています。

この差はズバリ! 普段からホームページを活用しているかしていないかの違いなのです!

しっかりと活用している会社様はその努力にほぼ比例してアクセス数が増えています。

努力とは・・・そう!ブログです。
ブログと言ってもなんでもかんでも適当に書けばよいわけではありません。
「過去にブログをやったけど全く成果が出なかったよ」という人は大抵書く内容が間違っています。今日はどこ行った、何食べたetc.では集客できません。

「集客」するからにはマーケティングの考え方が必要になるのです。

誰でもかんたんにできるホームページで集客するためのブログの書き方

今回お伝えするのは文章を書くのが苦手な人でも、集客につながるブログの書き方です。白紙の状態からどんどん文章が書けるようになります。

経験がないうちは、ハードルを低めに、文章のうまい下手はあまり気にせず、まず書くことに重きを置きます。書いていくうちに慣れますし、過去に書いたものを読み返して後からの修正も簡単です。

普段から次に何を書こうかとネタ探しが自然にできるようになります。

実際にブログを書いてみよう

①各テーマを考える~お客様からの質問を思い浮かべてみよう

あなたの会社のサービスを利用しようとする人はいつもどのようなご質問をされますか?
サービスで分かりにくいところはどんなところですか?
お客様の知りたいことをテーマに書くということは知りたかったことの解消になりますよね。それが書くべきテーマになります。

考えてもなかなか思いつかない場合は検索エンジンのサジェスト機能を使ってみましょう。
検索エンジンのフォームに単語を入力すると、数語の関連ワードが出てきます。
例えば「健康」と打ってみると以下のように表示されます。

suggest

この関連ワードはたくさんの人が検索していて検索ボリュームが多いものが優先的に出てきます。
つまり、多くの人が知りたくて検索しているということ。それをテーマに記事を書けばヒットする可能性が上がります。

②テーマからタイトル(質問)を作り、それに対する回答を書きましょう

商談中に質問されたらなんと答えるかを意識して書いてみます。
頭が整理されていないときは思いつく単語や文章を順番関係なく書いてみるとよいです。書くことによって頭が整理されます。
それぞれの単語や文章をつなげてみましょう。
言い回しや接続詞などを工夫しながらつなげてみてください。長々と文章を書くより、短い文章で切って書くほうが読みやすくなります。

習慣になるまで続けましょう。

まずは500文字程度からでもはじめてみましょう。
そのうち500文字では書ききれないくらい文章が出てくるようになります。
全く書けなかった(ゼロだった)ブログの記事が増えてきて、徐々にそこからアクセスも増えてくることでしょう。
まずは下手でもよいです。記事をアップしたところですぐにそんなにアクセスはありません。自信がなくても書いてみましょう。

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
トップページへのバナー
この記事を書いた人