お客様と共に創り、育て、稼ぐホームページ制作
WithStyle(ウィズスタイル)

ブログ集客で失敗しない書き方とは?成果へ導く3つのポイント

2017年04月12日
鳩飼猛
オウンドメディア
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
ブログ集客で失敗しない書き方とは?成果へ導く3つのポイント

ブログを活用して集客する方法として、近年ではコンテンツマーケティングというワードが注目されています。

しかし、ブログ集客においては書き方もとても重要になってきます。書き方一つで集客や成果につなげることができますが、逆に集客できない失敗ブログにもなってしまう可能性があるからです。

今回はブログ集客で失敗したくない!という方のために、成果に導くブログの書き方を3つのポイントでお伝えします。

目次

ポイント1.ブログ集客は「第一印象」で成果が決まる!
ポイント2.「見出し」で読みやすさを120%高める!
ポイント3.読まれるブログの基本構成はこれ!!

ブログ集客は「第一印象」で成果が決まる!

これは人にも言えることだと思いますが、ブログ集客においても「第一印象」で成果が分かれます。

人間は第一印象を何秒間で判断しているかご存知ですか?

たった「3秒」です。

たった3秒間の間に人となりを判断されてしまっているのです。

じつはブログも同様のことが言えます。つまり、3秒間の間に「読みたい!」「気になる!」と思わせないことには、どんなに頑張って記事を書いたところで読まれない可能性もあるのです。

この3秒ルールを解決するための方法が「アイキャッチ画像」です。アイキャッチ画像とは、直訳すれば「目を掴む」ということですね。そのまんまです。
アイキャッチ画像を活用することでブログの印象を一目で伝え、続きを読みたくさせる効果があります。

ブログの書き方が上手な方を見ると、必ず行っていることはアイキャッチ画像を活用しています。当ブログでもアイキャッチ画像を設定していますが、上のタイトルの下にある画像がそうですね。

ブログ集客において記事を読まれないことには意味がありません。それこそ書き方を体得したところで成果には程遠くなってしまいます。

まずは何においても「読みたくさせる」ということが大切なのです。

「見出し」で読みやすさを120%高める!

新聞を見るとき、ページを開いてから見るのはどこですか?

いきなり細かい字を読み始める!という方は少ないのではないでしょうか。

おそらく大見出しを見て、詳細が気になったら小見出しを見て、さらに興味や関心があれば本文を読む。という流れで読んでいるかと思います。

逆に大見出しや小見出しが無く、細かい文章しか書いていない新聞を想像してみてください。何が重要なのか、どこを読んだら自分の得たい情報が得られるのかわかりにくいですよね。

わかりにくいとイライラして新聞を閉じてしまうかもしれません。

要点をわかりやすく、何が得られるのかを明確にするためにも「見出し」というのは重要な役割を持っているのです。

ブログにおいても同様のことが言えます。

見出しの無い文章だけのブログの書き方では読まれる可能性を著しく低下させます。検索ユーザーは、自分にとって必要な情報がそのページにあるかどうかを瞬時に判断しています。

文章全体をじっくり読んで自分にとって必要な情報を探す、なんて効率の悪いことはしません。「わかりにくい」と感じた瞬間にそのページ(ブログ)を閉じてしまうなんてことは普通のことなのです。

このようなことを回避するために活用すべきものが「見出し」です。

「見出し」はブログの書き方を学ぶ上で一番抑えておきたい要素と言っても過言ではありません。読み手は「見出し」があることで自分にとって必要な情報がどこにあるのか一目でわかるため、ストレスなくブログを読んでもらえます。

「いやいや、せっかく書いた記事なんだし、全部読んでほしい」

というのは、単なる書き手のエゴにしか過ぎません。

ブログ集客で成果を得るために重要なことはどれだけ上手い書き方をするかではなく、「必要な人に、必要な情報を、必要な分だけ」情報を提供するという姿勢が大切です。

読まれるブログの基本構成はこれ!!

せっかくブログを書くのであれば読んでほしいというのが本音ですよね?

よくわかります。

どれほど上手な書き方で多くの人の成果に貢献できるようなブログを書いたとしても、読まれなければ意味がありません

じつは多くの方に読まれるブログには、型とも言える「基本構成」があります。いつも無意識に読まれているブログも、同様の書き方をしている記事が多いことに気付くはずです。

この基本構成を一つのテンプレートとして活用していただければ、ブログ素人でも一瞬で達人のような書き方ができます。この基本構成に当てはめるように記事を書いていくだけで「読みにくい!」と言われることはなくなるはずです。

読まれるブログの基本構成は、大きく3つの要素で構成されています。下図をご覧いただくとわかりやすいかと思います。

  1. トップコピー(総論)
  2. ボディコピー(各論)
  3. ボトムコピー(結論)
Webライティングの基本構成2

 

トップコピー

基本的には記事タイトル、アイキャッチ画像、フック文章で構成されます。

読者の興味を惹き付け、ブログ記事を読むことで何を得られるのかを伝え、先を読み進めてもらうための役割があります。

ボディコピー

ここがブログ記事の本文になります。

読者が求めている情報を良質な内容で伝え、見出しを活用しながらわかりやすく具体的に伝えるパートです。

「中見出し」は大見出しから派生し、より細分化されたテーマとなります。また、「小見出し」は中見出しを更に細分化した内容となります。

新聞や雑誌などでも見出しがあることで情報の全体像をわかりやすくし、可読性を高める効果があるのと同様に、Web上のコンテンツも全く同じことが言えるため、見出しを効果的に活用するようにしましょう。

ボトムコピー

ブログの締めくくりとなる「まとめ」やクロージングを行います。

トップコピー(総論)で伝えたことを納得させ、読者に行動を起こさせるパートです。

 

以上がブログ集客を行っていく上で、必ず押さえておきたい基本構成です。

これからブログ集客に力を入れて成果を出していきたい!という方はぜひこの基本構成を意識してみてくださいね。

まとめ

ブログを活用した集客では、基本的に人的コスト以外の費用が掛からないため、ネットから成果を得る上では非常に効率的で効果的な方法です。

これからのネット時代はコンテンツの質と量が重要視されています。

企業人としても、起業人としても、今後のネット活用に必要なブログの書き方を身に付けることは、これからの企業にとってマーケティングやセールス力を強化することに匹敵するぐらい、重要度の高い項目です。

思い立ったが吉日です!「いつかやろう」ではなく、ぜひ今日から実践していきましょう。

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ
トップページへのバナー
この記事を書いた人
鳩飼猛

Webコンサルタント。過去にはネットビジネスに携わり、業界トップ5%の利益をつくり出す。現在では、これまでの経験を活かし、Webコンサルタント、セミナー講師としてクライアントの事業の成果に貢献している。【保有資格】ウェブ解析士、日本プロスピーカー協会認定アシスタントプロスピーカー、ファイナンシャルプランナー